等幅フォントの利用のすすめ

−−−表、地図を等幅のフォントで見るには−−−

表、地図を等幅のフォントで見るには、等幅のフォントを有効に使いましょう

等幅のフォントで見ないと、ずれて、うまく意味が伝わらない場合があります。

正しく等幅のフォントが設定されていると以下のようになります。

(グラフィックによる表示)
┌────┬────┐
│1   │2   │
├────┼────┤
│3 │4  │
└────┴────┘(文字による表示)
ブラウザの設定により見え方がちがうかも。その場合、ブラウザの設定が元々違っている可能性があります。

等幅のフォント以外だと、下の段はずれて見えます。

┌────┬────┐
│1   │2   │
├────┼────┤
│3 │4  │
└────┴────┘(文字による表示)

(グラフィックによる表示)

電子メール、ネットワークニュースリーダーでの設定

例はMacのEudoraですが、他の電子メールソフト、ニュースリーダーソフトにも同様の設定画面が存在します。

操作メニューから設定変更を選びます。クリックすると大きく表示されます。

Osaka-等幅などの等幅フォントを選びます。

ブラウザ、メールソフトの設定

ブラウザでは、等幅のフォントで表示する部分と、そうでない部分は、ブラウザが自動的に判断し、それに合ったものを選択しています。

Windows、Netscapeの場合、編集メニューから設定を選びます。

以下の図で、固定フォントと書いてある部分が等幅フォントにあたります。

プロポーショナルフォントには、「P」がついているもの、固定ピッチフォント(等幅フォント)には「P」がついていないものを指定します。

補足:メールソフトOutlook Expressの等幅の設定について

Windos系のOutlook Expressを使用する場合「プロポーショナルフォント」と「固定ピッチフォント」の両方の欄があり、それぞれの場合のフォントを選ぶことしかできないようになっていることがあります。この場合は「プロポーショナルフォント」の方でも、Pが付かないフォント(例えばMSゴシック)を選ぶことにより、等幅で表示できるようになります。

Mac用のOutlook Express(5.0x)では何のフォントの指定もなければ、それを「プロポーショナルフォント」で表示するようになっているので、問題はないものと思われます。

参考

  1. 「等幅の設定」
    http://www.google.co.jp/search?q=Microsoft+メール+等幅
 

鵜川 義弘(うがわ よしひろ)
http://edb.miyakyo-u.ac.jp/ugawa/