L40501関連文書

  1. L40501、データベースと情報検索
    1. データベースと情報検索(19990701)←0610の授業後に改定した部分があるので見てみること。
    2. データベースに関する課題(19990610)
    3. 情報検索に関する課題(19990610)
    4. データベース関連の脱線1、情報の共有方法(19990701)
    5. 掲示板の悪用に関する課題(19990610)
  2. L40501、UNIX関係
    1. UNIXとエディタの概説、Cコンパイラ等(19990707)
    2. プログラミング言語に関する課題(19990708)
    3. 電子メールインターフェイスの研究課題を含む)(19990714,19990719)
  3. 1999年度、L40501、レポート提出期限は1999年7月29日23時59分

授業に関して

  1. 内容
    1. 私が担当する情報の分野では、その技術革新が激しい。そのため、ここで教えることは、短時間のうちに、歴史的事実になってしまう可能性がある。しかし、入れ替わりが早いだけで、そのこと自体は他の学問分野でも同じと考え、できるだけ最新の情報を教えている。
  2. 質問
    1. 質問は、授業中かどうかを問わず、いつでも受け付ける方針。積極的に授業に参加してほしい。
  3. 出席確認
    1. 確認方法は検討中。当面、目立つように、教壇の近くに座ると有利!?。
  4. 評価方針
    1. レポートは評価する。試験については、他の担当教官と連絡し検討中。
    2. レポートは電子メールで受け付けているが、電子メールの送付方法がわからない場合には、情報処理センター発行の「学生用利用ガイド」を見て勉強すること。この際、疑問点があれば、電話(214-3536)等で問い合わせること。問い合わせがあれば、懇切丁寧に教える。
    3. レポートが正しく受け取れたときには、自動応答メッセージが返る設定になっている。自動応答メッセージを受け取っていない場合には、うまく送れていない可能性があるので、問い合わせすること。(19990701)
    4. 授業を受けず・聞かずにレポートを出しているように見受けられる者がいるが、授業を聞いた場合のレポートとそうでないものの区別は容易につく。レポートの内容に自信のない者は必ず授業を受け、質問をすること。(19990714)

  5. 学生による逆評価
    1. 評価、点数等の記入用紙を使い、私の授業に点数をつけること。

鵜川の紹介

  1. 生物情報学、生物・環境分野のデータベースの作成と提供が専門
    1. 研究室内サーバにおけるホームページでは、現在、過去のプロジェクト、Webでみる出版物等を紹介している。
    2. 同サーバの中の自己紹介のページも参照のこと。

--鵜川義弘