1N103関連文書

最終更新日時( )
この授業に関するメールアドレス( )
本日分へジャンプ

授業関連情報

  1. はじめに
    1. 授業のページhttp://www.curri.miyakyo-u.ac.jp/CURRI/cs-a/
    2. 安江先生の関連ページhttp://www.curri.miyakyo-u.ac.jp/CURRI/cs-a/sub/cs-ref.html
    3. ログイン、ブラウザの使い方の確認。このページの出し方。出席、レポートメールの出し方のところで、印刷方法も含め、技術力の確認を行う。
    4. スタッフの紹介=鵜川
      1. 生物情報学、生物・環境分野のデータベースの作成と提供が専門
      2. 自己紹介のページ http://edb.miyakyo-u.ac.jp/ugawa/Ugawa.html
      3. 研究室内サーバにおけるホームページでは、現在、過去のプロジェクト、Webでみる出版物等を紹介している。http://edb.miyakyo-u.ac.jp/ugawa/
      4. 2005年度 鵜川研究室卒研生募集のページ。http://edb.miyakyo-u.ac.jp/ugawa/recruit_f5.html

11月30日分

  1. 授業内容の検討とイントロ
    1. 授業の進め方
    2. 過去のこの授業
      1. http://edb.miyakyo-u.ac.jp/ugawa/class/N102/index2000.html
      2. http://staff.miyakyo-u.ac.jp/~ugawa/class/1N103/
      3. http://edb.miyakyo-u.ac.jp/ugawa/class/1N103/index2002.html
      4. http://edb.miyakyo-u.ac.jp/ugawa/class/1N103/index2003.html
      5. http://edb.miyakyo-u.ac.jp/ugawa/class/1N103/index2004.html
    3. 今年は?
      1. 新しい情報教育科目の提案
      2. ウイルス対策http://edb.miyakyo-u.ac.jp/ugawa/20050303/
      3. 自分のBlogページを持つhttp://edb.miyakyo-u.ac.jp/ugawa/20050304/
      4. MSN,Yahoo,AIMチャットツール
      5. ネット音楽の楽しみ方
      6. ありとあらゆる「○×△□☆」の方法
  2. 環境の整備
    1. このページの出し方、プリントのしかた、ブラウザの使い方、その他。
    2. インターネットのメール環境の整備
      1. 最新環境のチェック,WebMailの使い方等を「鵜川による宮教大最新サービスの案内のページ」で
        http://staff.miyakyo-u.ac.jp/~ugawa/
      2. MacOSX、Mozillaメールの設定
        http://edb.miyakyo-u.ac.jp/ugawa/class/docs/MozillaOSX/
    3. 連絡事項
      1. 本日の質問の受付
      2. 宛に出席のメールの送信
      3. 次回の確認、情報処理センター?

12月7日分

  1. MagicMailの設定の確認
  2. Mac Mozillaの設定
    1. 学外からも可能な設定
      http://edb.miyakyo-u.ac.jp/ugawa/class/docs/MozillaOSX/
    2. 署名をつける
      http://edb.miyakyo-u.ac.jp/ugawa/Center/Mozilla-Mac-Signature/Mozilla-Mac-Signature.html
  3. 質問
    1. パソコンが奇怪な音の原因
    2. 他人のパソコンから自分のメールをチェックしたり送信したりできるということでしたが、相手からはメールを他人のパソコンで受け取ることはできるのでしょうか。
  4. 内容に関する希望のまとめ
    1. ブログ、ブログ、ブログ、ブログ、blog
      http://edb.miyakyo-u.ac.jp/ugawa/20050304/
    2. ホームページ作成、ホームページ作成、ホームページ作ってみたい、ホームページの作り方
      http://edb.miyakyo-u.ac.jp/ugawa/class/docs/HowToCreateHomepage.html
      http://edb.miyakyo-u.ac.jp/ugawa/class/1A253/
    3. ウィルス対策、ウィルスの危険、セキュリティー関係、ワンクリック詐欺や振り込め詐欺
      http://edb.miyakyo-u.ac.jp/ugawa/20050303/
    4. 音楽管理、音楽のダウンロードなど悪い例、音楽をダウンロード切り抜け
      iTunes,iPod
      http://www.apple.com/ipod/ads/

      http://www.google.co.jp/search?hl=ja&newwindow=1&safe=off&q=rip+mix+burn+mov&btnG=Google+%E6%A4%9C%E7%B4%A2&lr=
    5. 便利な使い方、楽しい機能
    6. Javascript、Javascript
      http://edb.miyakyo-u.ac.jp/ugawa/class/docs/CvsJavascript.html
    7. C++、C++
      http://syllsrv.miyakyo-u.ac.jp/cgi-bin/SyllSearch/SyllSearch2005.cgi?id=1409&mode=show
    8. パソコンを使ったビデオ編集
      iMovie,
    9. アクセス解析
      http://fu-youchi.miyakyo-u.ac.jp/awstats/cgi-bin/awstats.pl
    10. エクセル
      http://edb.miyakyo-u.ac.jp/ugawa/class/1A253/
    11. パワポ
      http://edb.miyakyo-u.ac.jp/ugawa/class/1A253/
    12. 小中学校高校での情報やコンピューターの学習の必要性について
      http://staff.miyakyo-u.ac.jp/〜m-taira/Lecture/impact.html

12月14日分

  1. Mac Mozillaの設定
    1. 学外からも可能な設定(復習)
      http://edb.miyakyo-u.ac.jp/ugawa/class/docs/MozillaOSX/
    2. 署名をつける
      http://edb.miyakyo-u.ac.jp/ugawa/Center/Mozilla-Mac-Signature/Mozilla-Mac-Signature.html
  2. 前回の質問とその答え
    1. やってはいけない音楽関係違法行為とは
      1. ナプスター閉鎖
        http://www.google.com/search?q=%83i%83v%83X%83%5E%81%5B&meta=lr%3D%26hl%3Dja
        http://www.goo.ne.jp/default.asp?MT=%A5%CA%A5%D7%A5%B9%A5%BF%A1%BC&WTS=ntt&SM=MC&DE=2&DC=10&_v=2
      2. WinMX, Winny不特定多数の人々が、著作権で保護されている音楽やアダルトコンテンツを違法に交換するためのソフトウエア
        http://e-words.jp/w/Winny.html
      3. P2P原理グヌテラ=悪くはない
        http://www.jnutella.org/docs/gnutella/gnutella.shtml
    2. 違法なダウンロードと合法なダウンロードはどう違うのでしょうか?
    3. CDからiTunesへの取り込み方
    4. インターネットラジオとiTunes,Shoutcast
      1. http://www.shoutcast.com/
      2. http://www.google.co.jp/search?q=%E3%81%BC%E3%81%86%E3%81%91%E3%82%93+stream&btnG=Google+%E6%A4%9C%E7%B4%A2&hl=ja&newwindow=1
      3. http://www.stationripper.com/
      4. http://www.panic.com/audion/
    5. パソコンを買うならマックとウインドウズどちらがよいですか?
      →身近に教えてくれる人がいるほうを選ぶ。Intel Macが出るまで様子見。
  3. ホームページ作成、ホームページ作成、ホームページ作ってみたい、ホームページの作り方
    1. http://edb.miyakyo-u.ac.jp/ugawa/class/docs/HowToCreateHomepage.html
    2. http://edb.miyakyo-u.ac.jp/ugawa/class/1A253/

12月21日分

  1. 本日は、Windowsでやります。
  2. 前回の質問とその答え
    1. 教室が寒い
      →暖房のスイッチを入れてください。 演習室以外は、231あたりも手動です。
    2. 気の知れた友達へのプレゼントに編集したCDをあげるのもいいなと思いました。
      →これはNG
    3. 気に入った曲ができたらそれをレンタルとか買うとかすればいいんですよね。
      →こちらはOK
    4. 先生の使う言葉がわからない部分がある
      →すぐに質問してください。
      Googleで「とは」をつけて検索する。ブラウザとは
      Ewords
      で検索する。
    5. 私は、いつもレンタルショップでCDを借りて家のPCでCD−Rに焼きますが、そのCDーRの値段が様々で、音楽用と書いてあるものは高いですが、安いCD−Rでも焼けますか?
      →実際にパソコンで作るときはデータ用という安いのでできる。高いのは、オーディオ機器内部でやる時のためで、わざわざそれでないとコピーができないようプロテクトがかかっている。コピーすることを前提に著作権者へのコピー費用が上乗せされている(著作権補償金)。紙のコピー機の値段にもこれが入っている。回収することは建前上できることになっている。
    6. 自分でホームページを作ったら、携帯からもみることができますか?
      →学外ブログなら大丈夫なものもあります。studentsサーバは学外非公開なのでみえません。
    7. 質問はwindowsとmacの一番の違いというかお互いの長短を知りたいと思いました。
      →初心者に優しい使い勝手と画面の美しさでマック、ユーザの多さでWindowsではないでしょうか。
    8. 最近ファイル共有ソフトを知ったので、仕組みやなぜ犯罪なのかが分かりませんでした。あると便利なのですが、法に触れてしまうのは残念なことです。
      → 「あると便利」という感覚が著作権を無視しています。自分で書いた文章がまねされたときの気持ち、それで食っている人のことを考えてみてください。
    9. 普通はコピーガードがかかっていて変換するソフトがなきゃできないのかなと思っていたので、実際にPCに取り込めて驚きでした。なぜできたんですか?
      →パソコンに取り込んで音楽を楽しむ方法は現在の主流であり、これをさせないCCCDは市場からなくなりつつあります。
  3. ホームページ作成、ホームページ作成、ホームページ作ってみたい、ホームページの作り方
    1. Wordの文書をHTML化 (Hyper Text Markup Language)する。
    2. FFFTPというソフトを使用して、ホームページ領域に転送する。
    3. 今回は簡単に作り、簡単に公開する作業を見せたかったので、WordのファイルをHTML化するというみっともない方法になったが、次回、もし、機会があれば、もう少し ましな方法をお教えしたい。WordのファイルをHTML化するのでも取りあえず見えるが、様々な不要なタグ、無駄な部品が入っていて実は美しいとはいえない。
    4. 参考資料
      1. ホームページ作成入門
        http://edb.miyakyo-u.ac.jp/ugawa/class/docs/HowToCreateHomepage.html
      2. FFFTPの使い方
        http://edb.miyakyo-u.ac.jp/JOHO/contents/FFFTP.html
  4. ホームページとは (復習)
    1. ホームページの定義
      1. もともとホームページは、一連のWebページのホームとなるページ(今でいうトップページ)を指していたが、現在では一般にWeb ページを作成するだけでなくインターネットで情報を発信することまでを含めての意味を持つようになっている。
      2. HPと略号で書くと、他との誤解を生むことがある。
    2. ワープロとの相違点
      1. 紙に書くのではなくディスプレイに表示するための文書(Webの開発歴史ワープロとの違い)
      2. いろんなディスプレイが存在する(ディスプレイのサイズ、携帯電話でも)
        1. ホームページはそのままプリントすると何枚になるかわからない→1枚だけプリントするにはどうするかわかっているよ ね。
      3. 紙に印刷したりフロッピーやメールで渡すのではなく、サーバに転送し、置いた後に見てもらう。
      4. 個別の企業が作成したフォーマットではなく、特定のアプリケーションがなくても読める。
        1. 脱線1 PDF(Portable Document File)というソフトに依存しない方法も考えられている。
          http://www.adobe.co.jp/products/acrobat/adobepdf.html
        2. 脱線2 WordのファイルをWordをインストールしていないパソコンで見たい。
          ビューワとして(見るだけで編集できない版のWord)は無料でダウンロードできる。
          http://www.google.com/search?q=Word+Viewer&hl=ja
          Wordの文書ファイルは一太郎でも開くことができる。
      5. 公開時にはサーバに置いて見てもらう。
        1. パソコンに置いた状態では見えない。サーバと呼ばれる24時間サービスONの計算機へファイル転送が必要。
        2. 転送時には複数のファイルを相対的位置関係を保ちつつ転送する必要がある。
          理由:1枚のページは複数の部品から構成されている
          http://edb.miyakyo-u.ac.jp/ugawa/class/docs/web.html
  5. ホームページを開設する手順(各種設定のため最初に1回だけやればいいこと、ファイルを作成するときに毎回するべきことがある)

    1. 大まかな手順
      1. WordをHTMLに変換する。
      2. 保存したファイルをWebブラウザで見てみる。
      3. サーバの環境設定が整っているか確認する。
      4. サーバへの転送
      5. 様々なファイルを置いて見えるかどうか確認する。
    2. ファイルの作成(今回は、WordからWeb用に書きだす=Webページとして保存するだけ。)
    3. サーバでの準備(1回やればいいこと)
      1. 基礎知識
        1. サーバはstudents.miyakyo-u.ac.jpを使用する。ここは2000人の共有コンピュータ。様々 な役割がある。多くの人がloginできるので、他の人に見せたくないデータを保護する仕組み=ファイル、ディレクトリのパーミッションがある。例えば メールの中身など。これらを見せないで保護するとともに、公開すべき部分のみをうまく見せる仕組み。
        2. 参考:ファイルとディレクトリの概念、読み書き実行権について
          http://www.din.or.jp/〜raelian/unix_permission.html
        3. 読み書き実行権はUNIXにloginして設定するかFFFTPを使って設定する。
      2. Webページの領域(ディレクトリ)の作成
        1. telnetでUNIX(students.miyakyo-u.ac.jp)にloginし、以下のコマンドを打 つ(他の授業等で、すでに作成されている人は、この作業は必要ない)。UNIXへのログイン(telnetを使う)http://www.ipc.miyakyo-u.ac.jp/online/unix/unix.html
          1. cd (ホームディレクトリに移動する)
          2. mkdir public_html (public_htmlというディレクトリを作成する。)
      3. Webページの領域を他の人から見えるようにする(読み出し等の権限の設定)
        1. ホームディレクトリに移動し、公開用のディレクトリが含まれるディレクトリまで移動できるように実行権を与える。 ディレクトリ自体は読み出し権がなくてもOK。以下の UNIXコマンドを打つ
          1. cd   (ホームディレクトリに移動する)
          2. chmod +x .  (ホームディレクトリ領域に移動できるようにする。読めない。)
          3. chmod +x public_html (public_htmlに移動できるようにする。)
          4. chmod go+r public_html (public_htmlの読み出し権を与える。)
          5. (chmod go+r public_html/* (public_html内のファイルの読み出し権を与える。))
          6. 参考
            1. 個人のページを学内で公開するには
              http://www.students.miyakyo-u.ac.jp/curri-ex/media/txt/seturl.html
            2. UNIXにloginするには
              http://www.students.miyakyo-u.ac.jp/curri-ex/etc/sub/win.html
    4. ファイルの転送、 FFFTPを使ってDrag&Dropで。
      1. 注意:1枚のWebページは、複数の部品からなっている。(ワープロとの相違点)
        そのためすべてを作られた時の位置関係を保ったまま転送してあげる必要がある。
    5. Webで見ることの確認。
      1. public_htmlは、学籍番号がd9999の場合は、http://students.miyakyo-u.ac.jp/〜d9999/と して見えている。
      2. index.htmlというファイルがあると、そのディレクトリ一覧の代わりのWebページとして表示される。
      3. 画像つきのページを作成し、サーバに転送する。
      4. 隣の人にメールでURLを送信してURLをクリックすることで見えるかどうか確認してもらう。自分自身では見えていても読み 書き実行権が設定できてなく、他の人から見えないこともある。
  6. ホームページ作成のまとめ
    1. ワープロは紙に。Webは、ディスプレイに表示するためのもの。情報の共有。
    2. 各種設定のため最初に1回だけやればいいこと、ページを作成するときに毎回するべきことがある。
    3. 注意、取りあえずstudentsサーバは学外から見えないようになっている....
      1. 著作権に関するもの
      2. プライバシーに関するもの
    4. この後挑戦してみたらよいのは...
      1. まずはBlog
      2. 大学以外でのホームページの取得(大学以外のメールアドレスの取得)
      3. PerlとCGIを使った電子掲示板の作成等
  7. 過去のホームページ作成関連授業への質問と答え
    1. ワードからブラウザに移すと消えてしまうものがいくつかあるのですが、仕方のないことなのでしょうか?
      →HTMLという表現方法では表現できないものもある。PowerPointをHTMLに書きだすときも同じことがある。なるべく全体を書きだしたいの で、全部を絵として表現する場合もある。Word→HTMLの場合はそれをやらないことが多い。すべてを絵として表現した場合にGoogle等の検索エン ジンに拾ってもらえず検索されないこともある。(インターネットの検索エンジンの仕組み)
    2. ネット上のWebページを見ると背景とか動くアイコンとかありますけど、簡単にできるんですか??
      →動くアイコンはMoving GIFというものだと思います。画像処理ソフトを使えば比較的簡単にできます。その他、アニメーションなどを専用につくる、Flashなどもあります。ソ フトを使わなくても、Googleなど検索ソフトを使って「フリー素材集 アニメーション」をキーワードに検索すると、いろいろ出てくると思います。
    3. 一つ質問としては文書をWebページとして保存をする時、図表などが挿入されていないときはフォルダが作られないのではないかという ことです。自分は以前のレポートを自分の家でやっていたので学校のパソコンに文書がなかったので適当に文書を作ってやってみたのですが、ファイルが一つし かできなかったのでちょっと焦ってしまいました。
      →はい。図、画像がない場合には、これらを別途作成する必要がないので、htmlファイルが1つできるだけです。
    4. 授業とは関係ないのですが質問です。電源を入れるといつも「削除しますか」みたいな文が出るのですが、どうすればいいのですか。今 は、×を押してますが。
      →はい。皆で共通のパソコンを使っているので、完全に直すこともできず、根本的な解決ができないので現在のところ、そうするしかな いです。これ以外のものが出てきたら、また相談して下さい。
    5. 文書をwebページで保存するとファイルが2つできたまでは良かったのですがアイコンが他の人と違っていたことが疑問として残りまし た。
      →アイコンは、各パソコンのレジストリという部分に書かれるので、そのパソコンにインストールされているソフトによって変わります。各端末のシステムが完全には同じでないので、心配をかけてしまいました。
    6. 先生はWordで作るのはあまりよくないと言っていたのでWordじゃなくて何で文書作成すればよいのか
      →Winだと、ホームページビルダー、Win/Mac共通だと、Golive, Dream Weber等の専用ソフトで作ります。大学のパソコンにインストールされているのは、無料のソフトで、Mozilla のcomposerというものです。
    7. 宮教内だけじゃなくても見れるWebページ、宮教以外のホームページをどうやって取得するのかを知りたかったです。
      →自宅でプロバイダと契約していれば、大抵の場合、ホームページ領域が用意されているし、以下では宣伝が入るものの、無料でホームページ領域を持つことが できます。 また、Blogも簡単です。
      1. Yahoo Geocities http://www.geocities.co.jp/
      2. InfoSeek http://isweb.www.infoseek.co.jp/

1月11日分

  1. 前回の質問とその答え
    1. WORDで段組をしたのですが、HTMファイルにした時に段組が反映されませんでした。しかも、タグが非常に多いですね。
      → これは、やはり専用ソフトに軍配があがります。フリーなら、Mozillaのcomposerもなかなかです。
    2. うちのパソコンでも今日のように簡単に作ることができるのですか?
      →ホームページ領域さえあれば同じようにできます。
    3. 安いCD-Rと高いCD-Rではどのような差があるんですか?
      →音楽用以外にという意味ですか?、安いとたまに書き込みができないことがあります。
    4. 少し進むペースが早いと感じた時があり、ついていくのが大変でした。
      →手を挙げて進行を止めてください。
    5. FFFTPというサーバを利用したのですが、他にはどのようなサーバがあるのでしょうか?
      →これはサーバではなく、ソフトです。sFTPという新しい方法に対応したWinSCPというのがあります。
  2. 本日は、Blogページの作成を行います。
    http://edb.miyakyo-u.ac.jp/ugawa/20050304/
  3. 友達のBlogページに変化が無いか毎日見に行くのは大変。RSS(Rich Site Summary)を読みとる方法でダイジェストを見ることができる。
    1. Mozillaの親戚、ThunderBirdで見る。
    2. Google Readerで見る。

1月18日分

  1. 教室 を231に移動して、WindowsUpdateや、ウイルス対策の実際を勉強します。進捗状況にもよりますが、教室の移動は、この日だけで、後は第3に戻る予定です。
    http://edb.miyakyo-u.ac.jp/ugawa/20050303/
  2. 特に、ノートパソコンを持っている方で、自分のパソコンでやりたい方は是非、持ってきてください。
  3. 前回のブログの質問とその答え
    1. 自分の作ったブログを更新し続けなかったらブログはなくなったりしないのでしょうか?
      →無料のところは無くなる可能性があります。また、Blogは日記なので、古い記事は自動的にアーカイブ(倉庫)にしまわれます。
    2. また要らなくなったブログは放っといてもいいのでしょうか?
      → どちらでも良いと思います。無料サイトでの個人情報が気になる人は契約ごと削除したら良いと思います。
    3. exciteが無くなってしまったらこのブログもなくなってしまうんですよね?
      →はい。無料のところは、そういう問題もありますね。
    4. 自分で作ったスキンを設定することはできるのでしょうか?
      →ある程度はできると思います。 無料のところは、宣伝を載せることが収益となっており、そこを外すのは難しいと思います。
  4. 次回の相談


1月25日分

  1. 教室 を231に移動して、WindowsUpdateや、ウイルス対策の実際を勉強します。ウイルス対策ソフトの導入と設定、チェックを行います。
    http://edb.miyakyo-u.ac.jp/ugawa/20050303/
  2. 前回のブログの質問とその答え
    1. 家のPPCでファイアーウォールを切っているのですがAvastを使ってウィルス検索をかけても結果は何も出てきません。これは問題なしと判断して大丈夫でしょうか?
      →ファイアーウォールですが、そのマシンがサーバをしていない限り必ずONにしておいてください。Avastが最新のデータベースを持っている限り、問題なしと考えていて良いです。
    2. 自宅のパソコンでは、電源を切る時に「更新するものがあります」という表示が出て、勝手に何かが更新されています。これは、今日したことと同じのが勝手に更新されているのでしょうか?
      →はい。自動更新がONになっていると、この状態になります。
  3. この授業に関する質問とその答え
    1. 無料のウィルス対策ソフトと有料のそれでは、性能に差があったりするのでしょうか。
      →有料のソフト間でも性能に差がありますが、その程度の差でしかないと思います。
    2. 「オロナミンCじゃなくて、コントロールC!!」と言っていた言葉に、かなりはまりました(笑)
      →それはコピーするとき!(でもいただきます)。私が言ったのは、ペーストのときで、編集メニューがなくても、ありなみんVのコントロールVでペーストできます。
    3. ウイルスが発見されたとのメッセージとともに、ネットワークケーブルを抜きなさいと書かれていました。そのようにした方がよいでしょうか。
      →はい。ウイルスの中には、ネットワーク経由でランダムに攻撃を加えるものがあり、とりあえずネットワークの配線を抜くのが正解です。ウイルス対策用のソフトは他のPCでダウンロードして持ってきて、それを使って駆除。その後ネットにつないでWindowsUpdateします。外部から詳しくはhttp://edb.miyakyo-u.ac.jp/ugawa/class/docs/AntiVirus.html

2月1日分

  1. 試験

授業に関して

  1. 授業の全般的目標と範囲
    1. 本学における私が考える情報関連授業の全般的な目標は以下のとおり。
      1. 学習者自身が情報を自由に扱えるようになること。
      2. 卒業後、情報や情報関連について教えられるようになること。
    2. 本授業も、上記と同じ目標を持つその一部である。そのために以下が必要。
      1. 学習範囲を厳選。
      2. 目標の効率的な実現方法を学ぶ。
  2. 授業内容の特殊性
    1. 情報の分野は、その技術革新が激しい。そのため、ここで教えることは、短時間のうちに、歴史的事実になってしまう可能性がある。しかし早いだけで、入れ替わりがあること自体は他の学問分野でも同じ。できるだけ最新の情報を教えている。
    2. 様々なレベルがあり、小学生、中学生も同じ内容を学んでいることに注意。
      1. まず、最低線を上げること。
      2. どのレベルにいる人にも必要な情報科学を学ぶことが重要ではないか?
  3. 授業を受けるときに必要な情報技術力、マナーの理解
    1. 教育用端末を使用するときの注意
      http://edb.miyakyo-u.ac.jp/ugawa/class/beginners_primer.html
  4. その他
    1. 授業開始時に鵜川を発見できなかったときは、
      1. 正しい教室に来ているかどうか、また、休講かどうかを、友人に確かめる。
    2. もしかすると、事故などで来れていない可能性があるので、私の携帯の番号をメモしておく。
  5. 質問
    1. 質問は、授業中かどうかを問わず、いつでも受け付ける方針。積極的に授業に参加してほしい。
    2. 例えば、POPって何?、わからない単語を使われたら即質問する。
  6. 出席確認(実習をする)
    1. 出席メール。授業時間内に、教室の端末から、電子メールを、( )宛に発信することにより確認する。大文字1N103小文字1n103はどちらでもよい。
      1. Subject(表題、題名)に半角で学籍番号を書く。
      2. Body(本文)に
        1. 何々様、何々先生と宛名を書く。どんなメールでも、これは必要。(間違ったメールアドレスに出した場合にも間違いとわかる)
        2. 挨拶文!を書く。(相手も人間、気持ちが伝わる)
        3. 本日の授業で学んだこと。
        4. 内容に関する関する質問を書く。
        5. 最後に、署名として学籍番号、氏名、難しい読みの場合に、ふりがなを入れる。
          例:鵜川義弘(うがわよしひろ)
        6. 注意:パソコンのメールと携帯のメールとの違い
          もらったメールはアドレス帳に登録しないで使用する。アドレスだけでは、だれからのメールか基本的にわからない。必ず、学籍番号と名前を本文に書く。
    2. メールを出せない者の確認、 ( )からの返事が受け取れない者の確認
      1. メールが正しく受け取れたときには、自動応答メッセージが返る設定になっている。自動応答メッセージを受け取っていない場合には、うまく送れていない可能性があるので、その場で問い合わせすること。エラーメールは返って来ていないか確認すること。
    3. 欠席の連絡は、( ) 宛の電子メールで行う。
      1. Subject(表題、題名)に半角で学籍番号、何月何日欠席と書く。
      2. Body(本文)に挨拶文!欠席の理由、署名(氏名をふりがな付きで)を書く。
      3. 携帯からでも可。携帯からだと、私にはだれかわからないので学籍番号と名前を忘れずに。
  7. 評価方針
    1. 各授業でできるだけレポートを課し、そのレポートを評価する。試験はない。評価方法は担当教官で連絡し、どのようにするか決定して何らかの形で連絡する。
    2. レポートを提出する場合は電子メール( ) 宛で受け付ける。
      1. レポートを送ったら、自動応答メッセージを確認すること。
    3. 過去の授業で、授業を受けず・聞かずにレポートを出しているように見受けられる者がいたが、授業を聞いた場合のレポートとそうでないものの区別は容易につく。レポートの内容に自信のない者は必ず授業を受け、質問をすること。
    4. 情報技術の習得は、積み上げ。人数が増えると、個別のフォローは難しい(=欠席すると追いつかない)。技術がなく、かつ、欠席、遅刻が多い人は、このての授業はあきらめたほうがよい。
    5. 学生による逆評価
      1. 評価、点数等の記入用紙を使い、私の授業に点数をつけること(無記名方式)。http://edb.miyakyo-u.ac.jp/ugawa/class/evaluation.html
  8. 期末での連絡
    1. レポート
      1. 未定
      2. 出来上がったら
        1. 学籍番号、
        2. 名前、
        3. 内容
          1. 未定
        4. 参考として用いた書籍、WebページのURLがあるなら書く。
      3. 締め切り、X月X日(X)23時59分。
    2. 本年卒業する人への連絡
    3. 授業評価アンケートへの記入のお願い。

--鵜川義弘( )