1A253情報処理入門関連文書

この文書は過去の授業です。新カリキュラムでは以下の授業に相当します
2A307 情報機器の活用
http://edb.miyakyo-u.ac.jp/ugawa/class/2A307/

 

最終更新日時( )
この授業に関するメール ( )
授業時間中の質問と要望(実験中)学内からのみ
本日分へジャンプ

はじめに

  1. 着席位置に注意。自分はゆっくり、じっくり、しっかりやりたいと思う人は、スクリーンの前の通路で北側に向かって座るVIP席に座ること。私から進行状況が見えやすいので、待ってもらえる。
  2. 情報関係授業の全般的目標と範囲
    1. 本学における私が考える情報教育関連授業の全般的な目標は以下のとおり。
      1. 学習者自身が情報を自由に扱えるようになること。
      2. 卒業後、情報や情報関連について教えられるようになること。
      3. この授業(情報処理入門)のメインは前者。私を見て後者を勉強するもよし。
    2. 本授業も、上記と同じ目標を持つその一部である。そのために以下が必要。
      1. 学習範囲を厳選。
      2. 目標の効率的な実現方法を学ぶ。
    3. 様々なレベルがあり、小学生、中学生も同じ内容を学んでいることに注意。
      1. まず、最低線を上げること。
    4. どのレベルにいる人にも必要な情報科学を学ぶことが重要ではないか?
  3. 情報の分野は、その技術革新が激しい。そのため、ここで教えることは、短時間のうちに、歴史的事実になってしまう可能性がある。事実、皆さん が卒業するころには、現在演習室で使っているOS、ソフトは売っていないだろう。しかし技術革新が早いだけで、入れ替わりがあること自体は他の学問分野で も同じ。できるだけ最新の情報を教えている。変化がある時に何を学ぶべきか。私はテクニックを教えるワープロ専門学校の講師にはなりたくない。エッセン ス、基本を学べ。
  4. 授業を受けるときに必要な情報技術力、マナーの理解。教育用端末を使用するときの注意。
    http://edb.miyakyo-u.ac.jp/ugawa/class/beginners_primer.html
  5. スタッフの紹介=鵜川、TAティーチングアシスタント(大学院生、松田、小関、村元)
    1. 生物情報学、生物・環境分野のデータベースの作成と提供が専門
    2. 自己紹介のページ http://edb.miyakyo-u.ac.jp/ugawa/Ugawa.html
    3. 研究室の紹介
      1. 学生が作成したページhttp://ugawalab.miyakyo-u.ac.jp/
      2. 2005年度 鵜川研究室卒研生募集のページ。http://edb.miyakyo-u.ac.jp/ugawa/recruit_f5.htm
  6. 積極的な質問を歓迎する。
    1. 質問は、授業中かどうかを問わず、いつでも受け付ける方針。積極的に授業に参加してほしい。
    2. 例えば、xlsって何?、わからない単語を使われたら即質問する。
    3. 特に人数が多いので、質問しなければ置いてゆかれる。
      わからなかったらすぐ手を挙げる。このために私やティーチングアシスタントがいます。これは約束です。

一般的な注意

  1. 出席確認(実習をする)
    出席メール。授業時間内に教室の端末を使い本授業専用のメールアドレス ( )宛 に発信することにより確認する。 大文字1A253小文字1a253はどちらでもよい。鵜川は、他にも授業のアドレスを持っているので。 この授業に関するものは、必ず、このアドレスに送ること。
    1. Subject(表題、題名)に半角で学籍番号を書く。
    2. Body(本文)に
      1. 「何々先生」と宛名を書く。(万が一間違ったメールアドレスに出した場合にも間違いとわかる)
      2. 短い挨拶文!を書く。(相手も人間、気持ちが伝わる)
      3. 本日の授業で学んだこと。
      4. 内容に関する関する質問を書く。
      5. 本日の講義に関する自己評価を自分がどれだけ学べたかについて、A,B,C,Dで書き、どうしてそのように思ったか をコメントする。
      6. 最後に、署名として学籍番号、氏名、人に間違って名前を発音されたことがある人は、()してふりがなをつける。例: 鵜川義弘(うがわよしひろ)
    3. 注意:メールの書き方では、パソコンのメールと携帯のメールとの違いに注意すること。
      携帯のメールは、アドレス帳に 登録するから、だれからのメールか自動的にわかる。パソコンのメールでは署名でだれからのメールか判断している。
    4. メールを出せない者の確認、 本授業専用のメールアドレスからの返事が受け取れない者の確認
      メールが正しく受け取れたときには、自動応答メッセージが返る設定になっている。自動応答メッセージを受け取っていない場合には、うまく送れていない可能性がある。そのままにしないで、その場で問い合わせすること。エラーメールは返って来ていないか確認すること。確認できていない場合は欠席と みなす。
  2. 欠席の連絡は、 本授業専用のメールアドレス( )宛の電子メールで行う。紙による欠席届は受け付けていない。
    1. 宛先は、 ( )であること。私は、他にも授業を持っており、どの授業の欠席かわからないと困る。
    2. Subject(表題、題名)に半角で学籍番号、何月何日欠席と書く。
    3. Body(本文)に何々先生と宛名を書く。
    4. 挨拶文!欠席の理由、署名(氏名をふりがな付きで)を書く。
    5. 欠席の連絡は携帯からでも可。ただし、皆さんの携帯のアドレスは私の携帯には登録されていない。すなわち、携帯からだと氏名 や学籍番号がわからないので学籍番号と名前を忘れずに書くこと。
  3. 評価方針
    1. 私は、各授業でできるだけレポートを課し、そのレポートを評価してきた。複数の教官で担当した場合、評価方法は担当教官で連絡し、ど のようにするか決定して何らかの形で連絡する。
    2. 私の部分に関しての評価方針は、レポートと各時間の自己評価で決めることが多い。最終試験を行うかどうかは、未定。
    3. レポートを電子メールでの受け付けが多い。ただし、印刷物でとの指示を出した場合はメールでは受け付けない。
      1. レポートを電子メールで送ったら、自動応答メッセージを確認すること。
    4. 情報技術の習得は、積み上げ。人数が増えると、個別のフォローは難しい(=欠席すると追いつかない)。技術がないにもかかわらず、かつ、欠席、遅刻 が多い人は、このての授業はあきらめたほうがよい。今、わざがなくても、積み上げ、努力すれば技はみにつく。
    5. 学生による逆評価
      1. 評価、点数等の記入用紙を使い、私の授業に点数をつけること(無記名方式)。
        http://edb.miyakyo-u.ac.jp/ugawa/class/evaluation.html
  4. その他
    1. 授業開始時に鵜川を発見できなかったときは、正しい教室に来ているかどうか、また、休講かどうかを、友人に確かめる。
    2. もしかすると、事故などで来れていない可能性があるので、鵜川の携帯にかけて電話で確認すること。

内容

  1. 要望により時間がある限り、何でも教える。Excel,Word,ホームページ(Word または、Mozilla Composer), Blog,Mail転送,PowerPoint。
  2. 11/2、9、16、(23休日)、30、12/7、14、21、1/11、18、25、2/1、までの11回。試験をするなら2/1。
  3. 10回程度ですべてを演習だけで習得するのは無理。基本は自学、慣れで覚える。
  4. 資料は、http://www.nichibun.net/ 参考書は500円のものからある。
  5. 具体的にやるのはWord、Excelだが、Word、Excelなどの特定のソフトの使用法だけを覚えるのではなく、ワープロソフト、表計算ソフトは、それぞれどのようなことができるのか、そのソフトできる機能を覚えること。このことにより、新しいソフトに出会ったとき。あるいは代替ソフトしかないときに対応できる力がつく。
  6. 評価方針一般的な注意の部分を参照(演習の成績(レポートと自己評価)で決めようと思っている)

11月2日分(第1回)

  1. 本日はイントロがメイン、出来れば、Excelに突入。
  2. まず、座席の入れ替えを行う。自分はパソコンは不得意という者は、私の目の前(私から画面が見えるところに座る)。はい、申し訳ない。席を 譲ってください。移動してください。
  3. ログイン、ブラウザの使い方の確認。このページの出し方。ブックマーク。出席、レポートメールの出し方。
  4. 以下のレポートができる人は「出席メール」だけで講義は聞かなくてよい。
  5. 急ぐので全部はできない。自分で学習することが前提。資料は以下にあるので、印刷物が欲しい人は印刷しておく。http://www.nichibun.net/applications/collection/ae2001/ae1115/ex1_index.html
  6. 印刷方法。
  7. 市販の参考書としては、自分が今調べたい事柄が書かれているものを選ぶ。本屋は大きいところがよい。AERか、Mall、見逃すのがヨドバシ カメラ。とりあえずというなら、超図解シリーズがよろしい。500円のものもある。
  8. 演習の内容
    1. 起動
    2. 各機能の概要の説明
    3. 表の作成
    4. 関数
    5. セルの選択のしかた、リピートのしかた

11月9日、16日分(第2、3回)

  1. 前回の復習、
    1. 起動
    2. 各機能の概要の説明
    3. 表の作成
    4. セルの選択のしかた、リピートのしかた
    5. 関数
    6. ★並び替え
    7. ★表の文字の大きさの指定
    8. ★改行2種類
    9. ★足し算の範囲指定
    10. グラフ作成
  2. 質問、セルの選択のしかた、幅の合わせ方
  3. レポート
    以下の表を作成し、A4の用紙1枚(モノクロ)に印刷し、11/22(水)16:59までに環境研2F西側、鵜川 のメールボックスに入れる。メールボックスに入れたら、 そこにある「提出記録」用紙に*必ず*記帳*すること。記帳していない者は、提出していないものと見なす。また、遅れたレポートは受け取らない(捨て る)。
    1. 罫線が入っている部分がある。
    2. 印刷範囲が指定されている。
    3. グラフが書けている。
    4. フォントが違っている部分がある。
    5. 学籍番号、名前がExcelの内部に印刷されていることを確認。
      (クリックすると拡大します)



  4. 作業が終わったら、一般的な注意の「出席メール」の出しかたにそってメールを出す
  5. 質問と感想など
    1. >今日のエクセルの計算をしているときの進度についていくのが大変でした。
      >できればもう少しゆっくりにしてください。

      失礼しました。Excelの計算は奥が深いので、この授業では、「がんばればできそうだ」ということをわかってくれるだけで
      大丈夫と考えています。そのため、手順を示すデモとして行い、結果的に進度が速くなってしまいました。「みているだけで良いよ」との一言が足りなかったと思いました。
    2. >2行にするやり方がいまいちまだよくつかめてません。次回もう一度説明
      >していただければ幸いです。
      切りたいところにカーソルを合わせ、ALTキーとEnterキーで改行されます。
    3. > 途中、やり方がわかんなくなってしまったときにすぐに聞けず、
      > どんどんこんがらがってしまいました。

      すぐに聞くようにしてください。
      そのためにTAや私がいます。

  6. 昨年のこの日の感想より
    1. ペースが速い、ついて行っていない→
      1. ごめんなさい。私の説明不足でついて行けてない場合もあります。
      2. おいてけぼりにするつもりはありません。是非、前の方に座ってください
    2. グラフの消し方がわからない→グラフ全体を選んで削除するだけです。

11月30日分(第4回)

  1. 座席の指定
    自分のペースに合わせてもらいたい人、よく見えなかった人、よく聞こえなかった人は前のVIP席へ。
  2. 難しいよ、パニック対策
    ついていけないスピードだと思ったときは、授業時間中の質問と要望のページを使って「もっとゆっくり、もう一度お願いします。」と合図を送ってください。近くにいるTAに助けてもらってください。
  3. 前回欠席した者の確認とサポート
    ログイン、ブラウザの使い方の確認。このページの出し方。ブックマーク。出席、出席メールの出し方。
  4. 前回のレポートの総評と回答、記帳の確認
    1. 記帳していない者
      4237,5234,5433,6022,6540,6639,6688,7041,7047,7066,7103,7192,,
      7237,7239,7623,7630,8062,8232,8235,8236,8237,8240,8276,8277,8278,
      8280,8299,8351,8352,8395,8508
    2. 技術を覚えるのではなく、何ができるのか。こんなことができたハズという機能を覚えること。そうすれば、将来OSが替わっても、他のソフトを使うときにも応用できる。
  5. 今週1回と来週の2回を使ってWordを勉強
    1. 日本文教出版の資料
      http://nichibun.net/applications/index.php
    2. Word(ファイル1つ目をもらってくる。Wordとテキストの両方)
      http://nichibun.net/applications/collection/ae2001/ae0815/word1_index.html#towa
    3. 起動(画面で見えているものの把握)
      http://nichibun.net/applications/collection/ae2001/ae0815/word1_p2.html#kido
    4. 一旦エディタで書式情報を削除する。
    5. 編集(右揃え、インデント、タブの利用、フォントの変更)、
      http://nichibun.net/applications/collection/ae2001/ae0815/word1_p4.html
      1. タブ、インデントの必要性
      2. タブ 実験http://edb.miyakyo-u.ac.jp/ugawa/class/1A253/1A253wordtab.doc
      3. インデント実験http://edb.miyakyo-u.ac.jp/ugawa/class/1A253/1A253wordindent.doc
    6. 保存
    7. Word(ファイル2つ目をもらってくる、Wordとテキストの両方)
      http://nichibun.net/applications/collection/ae2001/ae0830/word2_index.html
    8. 表を作成する。
    9. 複数のファイルの選択、シフト、コマンドキーとクリックの連携の勉強(復習)
    10. できれば、どんどん先に進む。
      罫線、ワードアート、ヘッダーフッター、Excelで書いたグラフの挿入、クリップアート、オートシェイプ、オブジェクトのプロパティなどの使い方の勉強
  6. レポートは、、、次回部分を見てください。
  7. 一般的な注意の「出席メール」の出しかたにしたがってメールを出す。
  8. 昨年の授業の質問とその答え
    1. 途中で付いていけず、ちょっと集中力が切れそう
    2. 今日の授業まったくわかりませんでした。友達に説明をうけていたら友達もわからなくなり悲惨でした!??
      →わからなかったらすぐ手を挙げる。このために私やティーチングアシスタントがいます。最初にお願いした「この約束」を是非是非守ってください。
    3. ワードファイルとテキストエディタ、ワープロファイルと、テキストファイルの違い?
      →文字の大きさ、フォント、文字飾り、位置情報が テキストエディタ、テキストファイルでは保存されない。
    4. 沢山入れたタブ位置の外し方?
      →もって動かすと位置の移動。もって枠外に出して離すと消える。
    5. タブの種類?
      →ヘルプの使い方
    6. タブ
      1. タブ 実験http://edb.miyakyo-u.ac.jp/ugawa/class/1A253/1A253wordtab.doc
      2. タブ記号を見えるようにするには、ツールメニュー→オプション→表示
        マックならWordメニューから環境設定
      3. タブの幅よりも文字列が長くなったら無視される
    7. インデント?
      1. インデント実験http://edb.miyakyo-u.ac.jp/ugawa/class/1A253/1A253wordindent.doc
      2. 詳しく設定するには、書式、段落の設定で
      3. 日本人は、インデントではなく、罫線で枠を作ってしまうが、インデントで段落を作ることで意味を分けている。
      4. 罫線、ワードアート、ヘッダーフッター、Excelで書いたグラフの挿入、クリップアート、オートシェイプ、オブジェクトのプロパティなどの使い方の勉強
    8. ツールバーの出し入れの方法?
    9. 画面にごちゃごちゃしているページをすっきりさせるにはどうすればいいのか?
      →ワードで複数文書が開いてるのを並べるのはできます。
      ウインドウメニューからウインドウの整列
      マックならアプリケーションにかかわらず、Exposeで一発なんだけど。
  9. 過去の授業のの質問とその答え
    1. インデントについてが分からなかったです。
      ディスプレイの大きさのところは、ついていけませんでした。
      ExcelでCtrlやshiftを使って複数のセルの大きさを変えるところがわかりませんでした。
      今日の評価は、Cです。全くと言っていいほど、授業について行けてません出した。
      私はパソコンに慣れていないので、今日の授業は私にはとても難しかったです。先生に説明されたとおりに一回ごとに進んでいけば何となくついていけているけ ど、あとで一人で同じことをしようとしても、できないように思います。
      →→→
      ついていけないスピードだと思ったときは、手をあげて「もっとゆっくり、もう一度お願いします。」と合図を送ってください。私に近いところ(前の真ん中の 右側などのVIP席)に座ってくれると、皆さんの画面を見ながら進めているので、スピードを合わせることが可能です。どうぞ、よろしくお願いします。
      来週、必ず私を捕まえて、どこがわからないか聞いてください。私は、教える義務がありますが、皆さんは質問する義務があります。是非、よろしくお願いしま す。
    2. 要望があります。進み方が遅いように感じられるので、もう少し早めにすすめて欲しいです。
      →→→
      このように遅いと感じている人は、非常にまれで、多くの人が、ついていくのがやっとで、Cの評価をつけています。人によって技術に差があるのは仕方がない のですが、入門ということもあり、このコースは、なるべく、遅い人に合わせようと思っています。お許しください
    3. Wordでも、Excelのように簡単にグラフなどがかけるのでしょうか?
      →→→
      データを元にしたグラフはExcelが一番いいですが、お絵書き的なものはできます。
    4. レポートを印刷しようとしたら2枚になってしまってよく分からなくて縮小して印刷したんですけどいいんでしょうか?
      →→→
      全体を1枚に収めるという方法があります。また、印刷する前に何枚になるかをプレビューする方法もあります。来週、私を捕まえて、質問してください。
    5. インデントは下だけ動かすと、また違った効果が生まれるのでしょうか?
      →→→
      はいそのとおりです。自分でやってみて、わからないようであれば、来週私を捕まえて聞いてください。
      1. 上の行が右にずれるようにするもの。
          上上上上上上上上
        下下下下下下下
      2. 下の行が右にずれるようにするもの。
        上上上上上上上上
          下下下下下下下
    6. 今日はコピーにしろwordの開き方にしろ、様々な方法があることがわかりました。一つのことなのに色々やり方があって、それがなぜ なのか疑問におもいました。
      →→→
      使う人の慣れに合わせているのだと思います。どのようなやり方でも自分がやりやすい方法で使ってください。パソコンや、ソフトは、いろんな人のニーズに合 うように様々な方法で使えるよう工夫されています。
    7. 秀丸の文字化けはどうして起こったのでしょうか。
      →→→
      ソフトの設定がまずいか、ソフトの作りが悪いか、どこかが壊れているか、だと思います。ちゃんと設定する方法を探します。ごめんなさい。

 

12月7日分(第5回)

 

  1. 座席の指定、ゆっくり進めて欲しい人は、私から作業画面の見える位置にVIP席に着席すること。奥まった場所、離れ小島には座らないこと。
  2. 「ついて行けなかった」、「〜がわからなかった」と感想に書くのではなく、授業時間中の質問と要望のページを使うなり、手を挙げて進行をストップさせる勇気を持つこと。
  3. ルーラー(定規)、タブ、インデントの必要性
    1. タブ 実験http://edb.miyakyo-u.ac.jp/ugawa/class/1A253/1A253wordtab.doc
    2. インデント実験http://edb.miyakyo-u.ac.jp/ugawa/class/1A253/1A253wordindent.doc
  4. 罫線、ワードアート、ヘッダーフッター、Excelで書いたグラフの挿入、クリップアート、オートシェイプ、オブジェクトのプロパティなどの使い方の勉強
  5. 前回の質問
    1. >内容に関しての質問ですが、下書きと印刷表示の違いの必要性がわかりません。
      下書きを使うのは、文字の配置、レイアウト、飾りよりも、文章の内容を中心に、画面を広く取りながら入力を先に進めてゆきたい場合に使います。
    2. >専門用語についてあまり詳しくないので、身近な言葉で説明したいただけるとう
      >れしいです。よろしくお願いします。
      授業の最初に約束しました。単語がわからないときは質問してください。授業中に質問しないで、今、聞かれても困ります。
    3. >質問は、文書をダウンロードする際のウィルスについてです。
      >その場で開くのと、ファイルに保存するのとでの安全性の違いを教えて下さい。
      危険性は同じです。しかし、ファイルに保存するワンクッション置くことでこのファイルを開くことで、ウイルスに感染したということがわかるので、自分自身がパニックにならないで済みます。
  6. レポート
    以下の文書を作成し、A4の用紙1枚に白黒で印刷し、2006年12月13日(水)16:59までに環境研2F西側、鵜川のレポート提出ボックスに入れる。そのとき、*提出した日時を記帳*する。遅れたレポート は受け取らない(捨てる)。 以下が評価のポイント。
    1. 罫線が入っている部分がある。
    2. ワードアート、クリップアートが使われている。
      答案にあるクリップアートは現在のWord2003では同じ物がないので、Word2003に存在する別の人物のクリップアートを入れてください。何を選ぶかは自由。センスを問う。
    3. Excelで書いたグラフが挿入されている 罫線部分はワードで作成すること。ヒント、グラフの周りに枠がないのは、コピーする前に設定してある。
    4. 矢印が書かれている。
    5. テキストボックス・囲みを使っている部分がある。
    6. 学籍番号、名前がヘッダとして印刷されていることを確認。
      (クリックすると拡大します)



  7. Wordの問題点、警鐘
    1. 良くできているが、最良のものではない。=他にも良い物がある。
    2. レイヤーの概念、読み込んだ画像
    3. おせっかい
  8. 一般的な注意の「出席メール」の出しかたにそってメールを出す。
  9. 次回の確認
  10. 昨年のこの授業質問とその答え
    1. 表の中のフォントはいちいち指定しなくてはならないか?
      →全体を選択して一括で直すことができる。他の本文文章の部分も同じ。
    2. 全体の行の幅を狭くするにはどのようにしたらいいのか ?
      → 表は、外の枠、本文文章中は、段落の設定で。
    3. 文章の見本を横に置いて見ながら作業するやりかた?
    4. 表の内容の入力の際に、文字の間をあけるのにスペースを使う以外の方法は無いのか?
      文字の間隔を広げるという方法はある。
    5. 普通の文を右に揃えるとか左に揃えるのはできるけど、表の中での文字を右に移動させるとか中央に揃えるとかが難しかったです。
      表の行数を増やす方法はわかりましたが、減らす(消す)方法がわからないので教えてください。
      表の実験http://edb.miyakyo-u.ac.jp/ugawa/class/1A253/1A253wordtable.doc
    6. 全体的の行の幅を狭くするにはどのようにしたらいいのか教えて下さい。
    7. 授業で、文章の見本を横に置いて見ながら作業するやりかたが、まだよくわかりません。
    8. できる人とできない人の差が結構あると思いますが、できる人は来週の授業は休んでもいいとおしゃったのはどうかと思う。
    9. 今回の先生の「なぜインデントを使うか」という説明は、“20へえ”でした。
      →フォーマットが変更になったとき、別の文書にコピーするときに楽ですよね。
    1. クリップアートのイラストがぴったりグラフの上に乗せるにはどうしたらいいんですか?何ミリかずれて、ぴったり合わせることができませんでした。
      →図のプロパティ、レイアウトのタブを押し、その中の詳細のボタンを押すと、ミリ単位で調整が可能です。
    2. 質問は、挿入した表の行の間隔の変え方、そろえ方がわからないので教えていただきたいです。
      →本日、最初に前回の質問のところで答えたつもりでした。繰り返しになるので個別に呼んでください。別の質問でしたら、そう言ってください。
    3. ヘッダで文字を入力したのに右ぞろえが機能しませんでした。どうしてでしょうか?
      →操作ミスと思います。個別に呼んでください。
    4. →クリックしたらグラフが消えてしまったり枠線が入ったりするのはなぜでしょうか。
      状況がよくわかりません。 個別に呼んでください。
    5. 以前作ったExcelの表の中でX軸に「1」という表示が出でいて、消そうとしたのですが、うまく消えませんでした。どうすれば、消えますか。
      → グラフウイザードの3/4、グラフオプションの軸のタブを押し、X項目軸を表示するオプションにチェックが入っているのを消してください。
  11. 過去の授業の質問とその答え
    1. 今日の授業はあまり理解できませんでした。一回の授業で覚えなくてはいかないことが多いのでついていけません。なにか資料とかを配っ てくると助かります。
      →授業のページで参照している日文のページには、資料が沢山あります。そ れらを印刷して使用してくださると助かります。Wordの解説書は500円から売っています。
    2. クリップアートに自分の好きな画像をいれることはできますか?
      →クリップアートを登録することが可能です。
    3. あと今日の授業とはあまり関係ないのですが、メールなどを送る際、背景をいれている人がいたのですが、そのやり方を教えてもらえると 嬉しいです。
      →html(Webの書類)形式のメッセージとして送ることで可能になります。携帯などでは見ることができない。ウイルスとの関連で使用には注意が必要です。
    4. レポートのために作ったデータは保存しておくべきなのでしょうか?だとしたらどこに入れておくべきなのでしょうか?
      →早速、前回使用したExcelのグラフが必要になりましたね。取りあえずデスクトップでもいいですが適当なフォルダを作成して入れておくと、Macとも共有できて便利です。
    5. グラフの周りの囲い線を消すにはどうすらよいのでしょうか?
      →グラフをダブルクリックしグラフツールバーを出します。グラフエリアの書式設定でパターンのタブを押し輪郭をなしに設定します。
    6. 文章とグラフのまじった文書を作成するときにワードとエクセルを両方使わなければいけないのですか?エクセルだけでこのような文書を 作成できそうな気がしたので不思議に思いました。
      →1枚程度の文書なら、エクセルだけでできます。何枚にもなる縦に長い文章だとワードに軍配があがると思います。

 

12月14日分(第6回)

  1. 座席の指定、ゆっくり進めて欲しい人は、私から作業画面の見える位置VIP席に着席すること。
  2. わからなかったと感想に書く前に、手を挙げて進行をストップさせる勇気を持つこと。
    授業時間中の質問と要望のページを使う
  3. 前回のレポートの総評とWordの問題点、記帳の確認
    1. 記帳していない者
      4237,5234,5433,6022,6540,6639,6688,7041,7047,7103,7192,,7231,7232,
      7237,7239,(),7242,(),7581,8074,8076,8237,8273,8276, 8292,8297,8351,
      8352,8354,8356,8358,8362,8395
  4. PowerPoint(パワーポイント)を使う目的と歴史
    1. スライドプロジェクターhttp://wwwjp.kodak.com/JP/ja/digital/slide/index.shtml
  5. 資料、
    1. http://nichibun.net/applications/collection/ae2001/ae0228/ppt1_index.html
  6. 基本的な使い方。
    画面とアイコン、概念、基本的なモード(標準表示、アウトライン、スライド、スライド一覧、スライドショー)、スライドの編集挿入、デザインテンプレート の適用、マスタースライド、アニメーションの設定、クリップアート等Officeファミリー定番のツール、スライドショーなどの使い方の勉強
  7. コツのまとめ。
    1. 1枚のスライドに書く文字の大きさを調節し最大を5行までが理想である。部屋の後ろの方からでは小さい文字は見えない。
    2. 箇条書き。簡潔に。足りない部分は口頭で説明する。
    3. 画面いっぱいに使う。
    4. 背景はシンプルに。意味のない図柄は誤解を招く。アニメーションは使わない。
    5. 話す順序を推敲する。実際の発表では話術も重要。
  8. 問題点
    1. 中身が無くても立派に見える。プレゼンテーションの技法に凝るな。内容で勝負せよ。
    2. かっこうがよいものが発表だけではない。何でもパワーポイントを使ってしまうようにならないよう注意。
      かっこ良さのために切り捨てられてしまうこともある。パワーポイントの資料をもらってもどのような発表かはわからないことが多い。画面単位で話がきれる。 パワーポイント以外で長い文章での説明が必要なものもある。文章やWebページで説明した方がよほど理解を得られるものもある。ビデオによるプレゼンテー ションもあるよ。
  9. レポート
    以下の文書を作成し、A4の用紙1枚に印刷(3枚でないことに注意。3枚のスライドを1枚に印刷できるよう「ノート」の モードで印刷、PDFのレベルで1枚にする。秘伝の方法を伝授)し、12月20日(水)16:59までに環境研2F西側、鵜川のレポート専用ボックスに入れる。例によって必ず記帳すること。遅れたレポートは受け取らない(捨て る)。以下の文書では入っていないが、マスタースライド機能を使って書くスライドに名前と学籍番号を入れるようにすること。
    (クリックすると拡大します)







    レポートを1枚で印刷するために、印刷時には、ノート部分を印刷するために、「ノート」を選び、
    プロパティを押し、Nアップの部分で4アップを選ぶことで3枚を1枚で印刷すること。このとき、ノートの内容は表示されないが、そのままでOK。
    ノートを含んで印刷することも、裏技で可能。

  10. この部分への質問とその答え
    1. パワーポイントのアニメーションの使い方も勉強したいです。
      →よほどのことがない限り、アニメーションは使わない方が良いです。内容で勝負してください。
    2. また、デザインの背景は、ネット上の「マイクロソフトオフィス」からダウンロードしてもいいのでしょうか。学校のパソコンではあまりダウンロードをしてとってくるのはよくないですか?
      →最近のソフトはヘルプでさえネットから取り寄せる形になっているものがあります。このような場合は気にせずダウンロードしてください。
    3. ワードでレポート作成をしていて、今のページの前にページを挿入したい時は、どのようにすればいいのですか?
      →単に挿入したいところに書き込んで行けば良いだけです。必要なところで改ページを挿入すれば、その位置で次のページに送られます。
    4. 背景が変わると、文字のレイアウトがちょっと変わるのはわかりましたが、たまにテーマとサブテーマが重なったりしてしまうのはなぜですか?
      →文の長さ、文字の大きさにより一定の形に入らないことがあるのはしかたがないと思います。重なった部分を移動させるか、フォントサイズを小さくすれば良いと思います。無理に入れるのではなく、あまり小さな文字にならないよう、要点をまとめ、文章を推敲してください。
    5. 自分が撮った写真などを背景にすることはできるのでしょうか?
      →出来ます。エクセルのグラフのようにコピー&ペーストが可能です。良く使うものであれば、クリップアートとして登録することもできます。
    6. 自分のパソコンにパワーポイントのソフトが入っていないときに、そのソフトをパソコンにインストールする方法があるのかということです。
      →ワードとエクセルは入っているが パワーポイントは入っていない状態の人は多いです。単体で購入するか、無料のOpenOfficeを使う方法があります。
    7. 使用しないページの消し方はわかりましたが、新しくページを作りたい(増やしたい)ときはどうすればいいですか。
      →挿入メニューから新しいスライドを選ぶか、既存のスライドを複製し(複製したいスライドを選んで、編集メニューから複製を選び)ます。
  11. 過去の授業の質問とその答え
    1. 今日はエクセルで作ったグラフを利用しましたが逆にパワーポイントをエクセルに使うことは可能なのでしょうか?
      →はい。パワーポイントで作成した図は、コピー&ペーストで、エクセルに貼り付けることができます。
    2. スライド自体の画面切り替えのしかたは、パッというのしかないんですかね?めくるように変わるとか・・・。
      →スライドショーメニューの画面切り替えでで設定できます。
    3. クリップアートに自分で画像が追加できるとのことですが、やり方を教えて下さい。
      →画像処理ソフト等を使い自分のクリップとなる画像を作成します。デジカメで撮った写真をパソコンに転送してもいいです。Word,Excel, PowerPointのどこからでもクリップアートを選らんで、クリップアートのインポートを実行し、作成したファイルを読み込みます。これで、クリップ アートとして使えるようになります。でも、よく使うものでなければ、このようにクリップアートとして登録せずとも、単にコピー&ペーストするだけで使えま す。Excelのグラフを貼り付けたのと同じ要領です。
    4. アニメ(絵)を貼り付けることはできたのですが、とんだりはねたりとかできるキャラクターとかあませんかね?
      →探せばあると思います。
    5. 自宅のパソコンにPowerPointが入っていません
      →単体で購入するか、無料のOpenOfficeを使う方法があります。

 


12月21日分(第7回)
(たぶん1回でできると思う。もしできなかったら1月11日分(第8回)
そのときはレポートの提出期限を1週間延ばす。 )

  1. 座席の指定。毎回のことながら、自分のペースでゆっくり進んで欲しい人は、私から作業画面の見える位置VIP席に着席すること。
  2. 前回の確認、質問への回答の確認、レポートの確認(=記帳していない者の確認)
    記帳していない者
    4237,5234,5433,6022,6540,6639,6688,
    7041,7047,7066,7103,7192,,7231,
    7237,7239,7318,7581,7623,7635,
    8231,8232,8236,8237,8238,8239,8240,
    8271,8272,8276,8277,8299,8351,
    8352,8354,8356,8361,8384,8395,8511
  3. 今回(+次回?)のおおまかな流れ( 時間がかかるようであれば、2回を使って行う)。
    1. ホームページとは。
    2. ホームページ領域を作成し必要な環境を整える。
    3. Wordの文書をMozillaやInternetExplorer で見えるよう、HTML (Hyper Text Markup Languge)する。
      今回はサーバに置くところを見せたかったので、WordのファイルをHTML化するという少々みっともない方法を使うが、別の機会があれば、もう少し良い方法をお教えしたい。WordのファイルをHTML化するのでも取りあえず見えるが、様々な不要なタグ、無駄な部品が入っていて必ずしも最良のものではない。
    4. 転送し、確認する。
    5. 参考資料
      1. ホームページ作成入門
        http://edb.miyakyo-u.ac.jp/ugawa/class/docs/HowToCreateHomepage.html
      2. FFFTPの使い方
        http://edb.miyakyo-u.ac.jp/JOHO/contents/FFFTP.html
      3. この授業ではFFFTPを使っているが、パスワードが盗まれるのを防ぐためにはWinSCPを使う
        http://www.tab2.jp/〜winscp/
  4. ホームページとは
    1. ホームページの定義
      1. もともとホームページは、一連のWebページのホームとなるページ(今でいうトップページ)を指していたが、現在では一般にWeb ページを作成し、インターネットで情報を発信すること」を含めた意味を持つようになっている。
      2. HPと略号で書くと、馬力、ヒューレットパッカード社との誤解を生むことがある。
    2. ワープロとの相違点
      1. 紙に書くのではなくディスプレイに表示するための文書(Webの開発歴史ワープロとの違い)
      2. いろんなディスプレイが存在する(ディスプレイのサイズ、携帯電話でも)
        1. ホームページはそのままプリントすると何枚になるかわからない→1枚だけプリントするにはどうするかわかっているよ ね。
      3. 紙に印刷したりフロッピーやメールで渡すのではなく、サーバに転送し、置いた後に見てもらう。
      4. 個別の企業が作成したフォーマットではなく、特定のアプリケーションがなくても読める。
        1. 脱線1 PDF(Portable Document File)というソフトに依存しない方法も考えられている。
          http://www.adobe.co.jp/products/acrobat/adobepdf.html
        2. 脱線2 WordのファイルをWordをインストールしていないパソコンで見たい。
          ビューワとして(見るだけで編集できない版のWord)は無料でダウンロードできる。
          http://www.google.com/search?q=Word+Viewer&hl=ja
          Wordの文書ファイルは一太郎でも開くことができる。
      5. 公開時にはサーバに置いて見てもらう。
        1. パソコンに置いた状態では見えない。サーバと呼ばれる24時間ONの計算機へファイル転送が必要。
        2. 転送時には複数のファイルを位置関係を保ちつつ転送する必要がある。
        3. 1枚のページは複数の部品から構成されている
          http://edb.miyakyo-u.ac.jp/ugawa/class/docs/web.html
      6. 広く公開される。多くの人の目に触れる。
        1. 内容の問題
        2. プライバシーに関するもの
        3. 著作権に関するもの
  5. ホームページを開設する手順 (各種設定のため最初に1回だけやればいいこと、ファイルを作成するときに毎回するべきことがある)
    1. ホームページの環境を用意する。
    2. HTML文書を作成する(今回はWordから変換する)
    3. サーバに転送する。
    4. それをWebブラウザで見もらう。

  6. 実際の作業
    1. サーバでの準備(1回やればいいこと)
      1. 基礎知識
        1. サーバはstudents.miyakyo-u.ac.jpを使用する。ここは2000人の共有コンピュータ。様々 な役割がある。多くの人がloginできるので、他の人に見せたくないデータを保護する仕組み=ファイル、ディレクトリのパーミッションがある。例えば メールの中身など。これらを見せないで保護するとともに、公開すべき部分のみをうまく見せる仕組み。
        2. 参考:ファイルとディレクトリの概念、読み書き実行権について
          http://www.din.or.jp/~raelian/unix_permission.html
        3. 読み書き実行権はUNIXにloginして設定するかFFFTPを使って設定する。
      2. Webページの領域(ディレクトリ)の作成
        1. telnetでUNIX(students.miyakyo-u.ac.jp)にloginし、以下のコマンドを打 つ(他の授業等で、すでに作成されている人は、この作業は必要ない)。UNIXへのログイン(telnetを使う)http://www.ipc.miyakyo-u.ac.jp/online/unix/unix.html
          1. cd (ホームディレクトリに移動する)
          2. mkdir public_html (public_htmlというディレクトリを作成する。)
      3. Webページの領域を他の人から見えるようにする(読み出し等の権限の設定)
        1. ホームディレクトリに移動し、公開用のディレクトリが含まれるディレクトリまで移動できるように実行権を与える。 ディレクトリ自体は読み出し権がなくてもOK。以下の UNIXコマンドを打つ
          1. cd   (ホームディレクトリに移動する)
          2. chmod +x .  (ホームディレクトリ領域に移動できるようにする。読めない。)
          3. chmod +x public_html (public_htmlに移動できるようにする。)
          4. chmod go+r public_html (public_htmlの読み出し権を与える。)
          5. (chmod go+r public_html/* (public_html内のファイルの読み出し権を与える。))
          6. 参考
            1. 個人のページを学内で公開するには
              http://www.students.miyakyo-u.ac.jp/curri-ex/media/txt/seturl.html
            2. UNIXにloginするには
              http://www.students.miyakyo-u.ac.jp/curri-ex/etc/sub/win.html
    2. ファイルの作成(今回は、WordからWeb用に書きだす)
      1. 保存する名前に注意。半角英数文字、しかもスペースを入れないこと。
        もし全角で作ってしまうと、
        http://students.miyakyo-u.ac.jp/~d9999/ここの全角の文字が!
        こうなると、クリックしても見えない。
    3. ファイルの転送、 FFFTPを使ってDrag&Dropで。
      1. 注意:1枚のWebページは、複数の部品からなっている。(ワープロとの相違点)
        そのためすべてを作られた時の位置関係を保ったまま転送してあげる必要がある。
      2. サーバの環境設定が整っているか確認する。
      3. サーバへ様々なファイルを置いて見えるかどうか確認する。
    4. Webで見ることの確認。
      1. public_htmlは、学籍番号がd9999の場合は、http://students.miyakyo-u.ac.jp/~d9999/と して見えている。
      2. index.htmlというファイルがあると、そのディレクトリ一覧の代わりのWebページとして表示される。
      3. 画像つきのページを作成し、サーバに転送する。
      4. 隣の人にメールでURLを送信してURLをクリックすることで見えるかどうか確認してもらう。自分自身では見えていても読み 書き実行権が設定できてなく、他の人から見えないこともある。
    5. 注意、取りあえずstudentsサーバは学外から見えないようになっている.... が。
      1. 著作権に関するもの
      2. プライバシーに関するもの
      3. 内容の問題
  7. 2回目以降のホームページ作成作業の流れ
    1. HTML文書を作成する。
    2. サーバのホームページ領域に転送する。
    3. それをWebブラウザで見て確認する。
  8. ホームページのまとめ
    1. ワープロは紙に。Webは、ディスプレイに表示するためのもの。情報の共有。
    2. 各種設定のため最初に1回だけやればいいこと、ページを作成するときに毎回するべきことがある。
    3. 注意、取りあえずstudentsサーバは学外から見えないようになっている.... が。
      1. 著作権に関するもの
      2. プライバシーに関するもの
      3. 内容の問題
    4. この後挑戦してみたらよいのは...
      1. 大学以外でのホームページの取得(大学以外のメールアドレスの取得)
      2. ブログの作成。
      3. PerlとCGIを使った電子掲示板の作成等
  9. レポート
    以下のレポート作業を一緒にやってみよう。
    できあがったホームページを印刷A4の用紙1枚に入るように印刷。2007年1月10日(水)16:59までに環境研2F西側、鵜川のレポート提出用専用ボックスに入れる(ドアについているボックスではない)。遅れたレポートは受け取らない(捨てる)。印刷されたHTMLの右上に学籍番号の入ったstudentsサーバのURLが印字されているようにすること。本文中に学 籍番号と名前を入れるようにすること。以下はMozillaで印刷する前に「ファイル」メニュー→「印刷プレビュー」を選らんだところ。
    (クリックすると拡大します)


  10. 過去の授業の質問と答え
    1. HTML(Hyper Text Markup Language)ってどんな意味があるのですか?
      →Hyper Textという単にテキスト文書ではなく、他の部分へジャンプできるのが大きな特徴。このコンピュータ用言語を解釈して、InternetExplorerやMozillaはディスプレイにWebページを表示している。
    2. ホームページを公表するのにはお金がかかるのでしょうか?
      →インターネットにサーバ領域を有料で借りるのであればお金がかかります。容量にもよりますが、1年1万円以下で自分の名前のドメイン(ホームページアドレス)をつけたものを持つことができます。ただ、無料のところも多くあるし、学校のものを使えばただでできます。
    3. 「WordのファイルをHTML化するという少々みっともない方法」ってどうしてみっともないのですか?
      → Wordは HTMLを扱う専用ソフトではないので、思った通りのレイアウトができなかったり、無駄な情報が多く入っているからです。
    4. WordからWebページで保存したとき、
      HTML形式のやつが図とか改行とかグチャグチャになってましたけど!
      webページ上でアンケートのグラフが表示されなかったのはなぜなのですか?
      図は図で、文字は文字でバラバラの状態でした。なぜでしょうか?
      →図が入ったものをWebページとするときは、レイアウトがインラインのときに比較的正しく表示できるようです。図で右クリック、プロパティを選ぶと、レイアウトのタブが出てくるので、そこで設定します。
    5. もし自宅で個人的なWebページを作成したいと思った場合は何か特別なソフトが必要になるのでしょうか?それともinternet explorer等から作れるのでしょうか?
      →ソフトはワードがあればとりあえず大丈夫です。ホームページビルダーがそこそこできて、安くておすすめです。InternetExplorerやMozillaなどのブラウザだけでできるものとしてはブログ(日記風の個人ページ)がおすすめです。http://edb.miyakyo-u.ac.jp/ugawa/20050304/ で作成方法を説明しています。
    6. 家のパソコンではできないでしょうか?一人でできる方法はないでしょうか?
      →大学の環境をそのまま自宅で使うのは、少々無理があります。来週も授業を受ければたぶん大丈夫になると思います。
    7. 自分のホームページが他人に乗っ取られるという事がおきているようですが、あれはなぜおこるんですか?
      →サーバ側ソフトの脆弱性、パスワードの管理の甘さ、スパイウエアの存在などだと思います。
    8. 私はネットで自分のblogを持ってますけどホームページと何が違うかよくわかりません!
      → blogは、日記風のホームページが簡単に作れる方法です。サーバ側で領域があるだけでなく、blogソフトウエアが動作していて、検索ページもある見栄えよいページができます。しかし、あくまでも日記なのでデザインは変えられても一定の形式から出ることができないのがちょっと残念ですね。
    9. Webページを作成する際に、タグ?を入力するというようなことを聞いたことがあるのですが、タグ入力について教えてください。
      →タグとは、 HTML(Hyper Text Markup Language) で書式(見出し、フォント)、画像、ジャンプ先をブラウザに対して指示するものです。昔はタグ打ちをしてホームページを作っていたこともありましたが、現在では、人間がこれを直接入力することはせず、ホームページビルダやWordでWebページとして保存するときに、ソフトウエアが自動的に付加してくれるものと考えていた方が良いと思います。
    10. htmとhtmlの違いがよく分からないので教えてもらいたいです。
      → htmは、拡張子といい、ファイル名の後ろにつけ、そのファイルが何であるかを示したものです。他に代表的なものとして以下のようなものがあります。
      .htmと.htmlですが、古いWindows95以前の古いOSでは、8文字のファイル名+3文字の拡張子しか持つことができなかったので、その制限があるパソコンでも使えるように、.htmという拡張子が用意されました。
      1. 〜〜〜.doc Microsoft Word
      2. 〜〜〜.txt テキストファイル、文字飾りのない文書ファイル
      3. 〜〜〜.xls Microsoft Excel
      4. 〜〜〜.ppt Microsoft PowerPoint
      5. 〜〜〜.htm,〜〜〜.html Hyper Text
    11. 「ホームページ」と「ウェブページ」って違いはあるのですか?
      → ホームページには、ウェブページの意味の他に、元々の意味である「一連のウェブページの内の中心」という意味があります。ただ、現在では、混同して用いられるので、それを「トップページ」と呼んでいます。
    12. ホームページアドレスの最初に表示される「http」はどういう意味を持っているのかということです。
      →URLには、http://で始まる、HyperTextTransferProtocol、ftp://で始まるFileTransferProtocol、gopher://で始まるGopherProtocolなど、様々なprotocol=手順があります。protocolとは、「山」と言えば「川」と答えるような、計算機同士の合い言葉みたいなもので、お互いにやりたいことを規則にのっとって簡単に伝えるための約束事です。
    13. フリー素材でとってきた素材の一部を取り除くことはできるのか?
      →これは、その素材を一部を切り出すなど加工することができるか?ということでしょうか。PhotoShop,PaintShopなどのが画像処理ソフトで切り出すことが可能です。
    14. ワードからNetscapeに移すと消えてしまうものがいくつかあるのですが、仕方のないことなのでしょうか?
      →HTMLという表現方法では表現できないものもある。PowerPointをHTMLに書きだすときも同じことがある。なるべく全体を書きだしたいの で、全部を絵として表現する場合もある。Word→HTMLの場合はそれをやらないことが多い。すべてを絵として表現した場合にGoogle等の検索エン ジンに拾ってもらえず検索されないこともある。(インターネットの検索エンジンの仕組み)
    15. ネット上のWebページを見ると背景とか動くアイコンとかありますけど、簡単にできるんですか??
      →動くアイコンはMoving GIFというものだと思います。画像処理ソフトを使えば比較的簡単にできます。その他、アニメーションなどを専用につくる、Flashなどもあります。ソ フトを使わなくても、Googleなど検索ソフトを使って「フリー素材集 アニメーション」をキーワードに検索すると、いろいろ出てくると思います。
    16. 一つ質問としては文書をWebページとして保存をする時、図表などが挿入されていないときはフォルダが作られないのではないかという ことです。自分は以前のレポートを自分の家でやっていたので学校のパソコンに文書がなかったので適当に文書を作ってやってみたのですが、ファイルが一つし かできなかったのでちょっと焦ってしまいました。
      →はい。図、画像がない場合には、これらを別途作成する必要がないので、htmlファイルが1つできるだけです。
    17. 授業とは関係ないのですが質問です。電源を入れるといつも「削除しますか」みたいな文が出るのですが、どうすればいいのですか。今 は、×を押してますが。→はい。皆で共通のパソコンを使っているので、完全に直すこともできず、根本的な解決ができないので現在のところ、そうするしかな いです。これ以外のものが出てきたら、また相談して下さい。
    18. 文書をwebページで保存するとファイルが2つできたまでは良かったのですがアイコンが他の人と違っていたことが疑問として残りまし た。
      →アイコンは、各パソコンのレジストリという部分に書かれるので、そのパソコンにインストールされているソフトによって変わります。システムが完全には同 じでないので、心配をかけてしまいました。
    19. 先生はWordで作るのはあまりよくないと言っていたのでWordじゃなくて何で文書作成すればよいのか
      →Winだと、ホームページビルダー、Win/Mac共通だと、Golive, Dream Weber等の専用ソフトで作ります。大学のパソコンにインストールされているのは、無料のソフトで、Netscape7 のcomposerというものです。
    20. 宮教内だけじゃなくても見れるWebページ、宮教以外のホームページをどうやって取得するのかを知りたかったです。
      →自宅でプロバイダと契約していれば、大抵の場合、ホームページ領域が用意されているし、以下では宣伝が入るものの、無料でホームページ領域を持つことが できます。 ブログをやるのも良いね。
      1. Yahoo Geocities http://www.geocities.co.jp/
      2. InfoSeek http://isweb.www.infoseek.co.jp/
    21. わかりにくかったか、その原因として、
      1. マイドキュメントを開いたり、ワードを開いたり、インターネットを開いたりという画面の移り変わりが激しかったところが難しかった。のではないか、
        とのこと。なるほどとわかりました。たぶん、画面をきれいに分割して並べておくとわかりやすいの鴨知れないと思いました。
      2. 保存するときに、全角文字が入る。デフォルトのh??でなく、htm,htmlを選ぶこと。が難しい。
    22. この時間への質問とその答え
      1. 今日作ったブログは自宅のパソコンでも閲覧出来ますか?
        →はい。そのURLをブラウザに入力してください。http://d7918.exblog.jp/
      2. 閲覧だけでなく編集もできます。
      3. 質問ですが、携帯電話でもブログの更新ができるというのを聞いたことがあるのですが、それはどうやってするのですか?
        →そのブログサイトが携帯に対応していない場合はだめですが、対応しているのであれば、携帯からURLを入力すればできるはずです。
      4. Blogが悪用されることはあるのでしょうか?
        →コメントスパムといい、外部の人のコメント書き込みを許していると、嫌がらせや宣伝文を書き込まれることはある。
        使わないで放置されているサイトが悪用されることも起きているらしい。使わないなら削除しよう。
        http://www.google.co.jp/search?ブログ 休眠サイト 踏み台
      5. レジュメを作るときに、ネットから表やグラフをコピーして挿入を繰り返していたら、できる図とできない図がありました。使えないように設定されているのですか?また、それはどうしても使うことはできないのですか?
        →勝手にダウンロードされないように工夫されています。映画など動画には多いです。ただ、基本的に表示しているものは、何でも取り込めるハズです。保存できないようにしてあるものも、スクリーンショットを撮る(キーボードのPrintScreenボタンを押すと、(どこにも表示されていませんが)そのとき表示されている画面がメモりーに取り込まれます。その後、Excelを立ち上げて、編集メニューからペーストすれば、画面のコピーが撮れます)ことで取り込むことはできます。
      6. 先生の携帯はウィルコムのようですが、最近新しくでたウィルコムのワードやエクセルもつかえる小さいパソコンのような機種がありますが、情報処理の先生からみてあの機種の欠点とかありますか。
        私もウィルコムなので買い換えてみたいとは思うのですが、なにしろ4万円ととっても高いので、欠点とかがあったらいやだなあと思ったのですが。
        →今、W-ZERO3ですね。もう、発注済みです。手に入ったら使用感などお知らせしますが、待ってました!これしかない!という感じです。


★本日分★
1月11日分(第8回)1月18日分(第9回)1月25日分(第10回)

  1. 前回の確認、質問への回答の確認、レポートの確認
    1. レポート提出は成績に関係する。疑義がある場合は必ず連絡すること。
    2. 記帳していない者
      4237,5234,5433,6022,6540,6639,6688,7041,7047,7103,
      7192,,7232,7237,7239,7630,8217,8236,8237,8273,
      8296,8299,8351,8352,8354,8356,8361,8395
    3. http://studentsで始まるURLで再提出の必要があるもの。
      ,,,,8293,,
    4. file名に関して質問があるもの。授業時間内に連絡すること。
  2. blogに挑戦
    1. http://edb.miyakyo-u.ac.jp/ugawa/20050304/ (1月11日)
    2. ブログの設定、投稿、リンク作成、コメント、トラックバック、携帯電話からの投稿(1月18日)
      1. トラックバックとは
      2. 迷惑なトラックバックをさせないためには
        1. トラックバックを許さない設定にする
        2. 一般周知サービスへのpingを送らない
    3. 休眠アカウントがねらわれることがあるので、不必要な場合は削除する。(1月25日)
      休眠 ブログサイト の危険性
  3. Gmail(GoogleMail) http://mail.google.com/ (1月25日)
    もっとも先を行くWebMail、Gmailに普段使っているメールを転送する設定にすれば、外出先で手軽にメールチェックができるWebMailとして利用できるだけでなく、Googleの技術を使ってメールの検索ができる。
    1. 利用の登録、学籍番号宛のメールとの一体化(メールをGmailに転送、GmailからFrom:@studentsのメールを出せるようにする)
      http://edb.miyakyo-u.ac.jp/ugawa/Center/gmailsetup.html
    2. Googleのアカウントを持って初めて利用できる、GoogleCalender、Spleadsheet等
    3. さらにGmailをより便利に利用するためのGmailの使い方などは、以下がおもしろい
      http://gmail.1o4.jp/
  4. Mozilla Composer

2月1日分(第11回)

  1. 試験。
    1. 試験問題は、試験会場にて映示する。
    2. 考えられるのは、
      1. 問題「〜〜〜〜」
        〜〜〜の文書を時間内に作成して〜〜する。
      2. 問題「パソコン塾の講師と大学の教員の違い。大学の授業との違い」
        1. パソコンスクールと比べててどう思うか。
        2. 技術以外に何が習得できたか。
        3. 改善したら良いと思うことは何か。
    3. 試験会場が満席の場合は、第3演習室も会場として使う。
  2. 期末での連絡
    1. 授業評価アンケートへの記入のお願い(済み)
    2. 卒業にかかる人への連絡、もしいれば。

 


--鵜川義弘  ()