鵜川による授業のページ

  1. 授業関連文書、メモ(以下の授業のうちいくつかは他の教官との分担になっており、全体ではない)。メモのない授業もある。
    1. 授業中の質問または 右のQRコードを読み取って携帯から QR
    2. 2016年前期の授業
      1. 情報機器の操作b 1年生対象月2(バリ得意+得意+普通コース) (URL集)
      2. 情報機器の操作c 1年生対象金1(ゆっくりコース) (URL集)
      3. 2G105 データベースの活用 情報ものづくりコース3年、木3
      4. ビオトープ論/環境教育におけるICTの活用 木2 2016/6/30,7/7,14,21
    3. 2016年後期の授業
      1. 2A901 情報社会の安全対策と倫理、1年生対象、火5コマ16:20-
      2. 2A307情報機器の活用a-d 全学1学年向け、水3,4,5 木3コマ、全4クラスe-Learning
      3. 2G108教育と情報システム論 情報ものづくりコース1年、木5
    4. 授業で使うメモ
      1. Googleドライブの使い方:特にダウンロードリンクとホームページとしての使い方
      2. Wordの「差し込み文書」機能を使う宛名付き文書作成と窓付き封筒による郵送の効率化
      3. 5分でできる年賀状宛名書き
      4. メールで添付書類を送る*以外*の方法「大容量添付メール預かりサービス」
      5. 学校におけるアンケート各種と無料!マーク式SQS
      6. メールのマナーでどうしても守るべきこと
        1. 携帯から出す場合には、名乗る。パソコンでメールを見ている人には誰からのメールかわからない。
        2. 件名は、そのメールの内容がわかる1行に。相手に内容がすぐわかる。後で探せる。
          1. 件名に「質問」「ご連絡」「お願い」「こんにちは」「教えてください」「〇〇(誰々)です」は使ってはならない。
          2. 上記の代わりに「〇〇に関する質問」「〇〇に関する連絡」「〇〇に関するお願い」とする。
          3. 件名に書く「重要」は慎重に考えよう。毎回「重要」と書く人のメールは、真に重要なときに見てくれない。
        3. To,Cc(CarbonCopy),Bcc(BlindCarbonCopy)の使い分け。
          1. 主たる受信者であるTo。
          2. 従たる受信者であるCc(CarbonCopy)。同じ文面のコピーを送りたい場合に使う。
          3. 宛先を表示(共有しない)受信者,Bcc(BlindCarbonCopy)。これらを区別することで、誰宛のメールなのか、明確にしよう。 
          4. 少人数の場合は、To,Ccを使うべきだが、多人数に届くメールリストでは、Bccにして送るようにしよう。意図しない用途(気が狂っている人が多人数に送る可能性)や、ウイルス感染時のPCが、記録を元に送信相手として使われることがないように注意する。
        4. 不必要な誘導や添付書類付きメールは使わない。
          1. メールで「詳しくはこちらへ」とブログに誘導した先が「単なるテキスト」なら、最初からテキストを貼り付け、移動先を見なくて済むようにしよう。
          2. 出先のスマホでは、添付書類のうち、WordやPDFなら表示できるが、一太郎は見えない。
          3. 大きな添付書類は、宮城教育大学 大容量添付ファイル預かりサービス https://mail2web.miyakyo-u.ac.jp/ を使ってダウンロード可能なリンク1行に変換しよう。
    5. 2015年後期の授業
      1. 2A901 情報社会の安全対策と倫理、1年生対象、火5コマ16:20-
      2. 2A307情報機器の活用a-d 全学1学年向け、水3,4,5 木3コマ、全4クラスe-Learning
      3. 2G108教育と情報システム論 情報ものづくりコース1年、木5
    6. 2015年前期の授業
      1. ビオトープ論/環境教育におけるICTの活用 木2 2015/6/18,25,7/2,9?
      2. 技術情報ものづくり研修2015 2015.5.30
      3. 2G105 データベースの活用情報ものづくりコース3年、木2
      4. 情報機器の操作b 1年生対象月2ゆっくり64名 (URL集)
      5. 情報機器の操作c 1年生対象金1とても得意:3名,得意:16名,普通:41名 (URL集)
    7. 2014年後期の授業
      1. 2A901 情報社会の安全対策と倫理、1年生対象、火5コマ16:20-
      2. 2A307情報機器の活用a-d 全学1学年向け、水3,4,5 木3コマ、全4クラスe-Learning
      3. 2G108教育と情報システム論 情報ものづくりコース1年、木5
    8. 2014年前期の授業
      1. 免許更新講習 情報特講ダイジェスト 2014/8/22
      2. 教師を志す高校生の研究室体験 2013/8/4-5
      3. 2A1212 情報報機器の操作b 1年生対象月2 (URL集)
      4. 2G105 データベースの活用情報ものづくりコース3年、木2
      5. ビオトープ論/環境教育におけるICTの活用 木2 2014/5/15と5/22
    9. 2014年前期の授業
      1. 情報機器の操作b 1年生対象月2 (URL集)
      2. 2G105 データベースの活用情報ものづくりコース3年、木2
    10. 2013年後期の授業
      1. 2A901 情報社会の安全対策と倫理、1年生対象、火5コマ16:20-
      2. 2A307情報機器の活用a-d 全学1学年向け、水3,4,5 木3コマ、全4クラスe-Learning
      3. 2G108教育と情報システム論 情報ものづくりコース1年、木5
    11. 2013年前期の授業
      1. 2A1211-4 情報機器操作「道具としてのコンピュータ」全1年生対象必修科目、月2
      2. 2G105 データベースの活用情報ものづくりコース3年、木2
      3. 技術情報ものづくり研修 2013.4.20
      4. 教師を志す高校生の研究室体験 2013.8.9
    12. 2012年後期の授業
      1. 2A901 情報社会の安全対策と倫理、1年生対象、火5コマ16:20-
      2. 2A307(1-3) 情報機器の活用a 水45木3コマ
        1. セキュリティーと情報モラル
      3. 2B551幼児教育実践研究
        1. https://maps.google.com/maps/
        2. KMLのダウンロード
    13. 2012年前期の授業
      1. 2A1211-4 情報機器操作「道具としてのコンピュータ」全1年生対象必修科目、月2
      2. 2G105 データベースの活用情報ものづくりコース3年、金3
      3. 情報特講 教職大学院
      4. 環境教育情報特論特演a
      5. 情報基礎特論B
      6. 環境教育概論
        1. 月3、花を探そう
        2. 木2、花を探そう
    14. 2011年後期の授業
      1. 2A901 情報社会の安全対策と倫理、1年生対象、火5コマ16:20-
      2. 2A3071 情報機器の活用a 水5コマ16:20-
        1. 教科書コース (3号館、1階、第3演習室)
        2. e-Learningコース(情報処理センター、2階、第2演習室)
      3. 2A3072 情報機器の活用b 木3コマ13:00-
        1. 教科書コース (3号館、1階、第3演習室)
        2. e-Learningコース(情報処理センター、2階、第2演習室)
      4. 情報処理特別実験実習B
      5. 環境教育情報特論特演b
    15. 2011年前期の授業
      1. 2A1211-4 情報機器操作「道具としてのコンピュータ」全1年生対象必修科目、月2
      2. 2G105 データベースの活用情報ものづくりコース3年、金3
      3. 情報特講 教職大学院
      4. 環境教育情報特論特演a
      5. 情報基礎特論B
    16. 2010年後期の授業
      1. 2A901 情報社会の安全対策と倫理、1年生対象、火5コマ16:20-
      2. 2A307 情報機器の活用、1・2年生対象、木3コマ13:00-
    17. 2010年前期の授業
      1. 2A1211-4 情報機器操作「道具としてのコンピュータ」全1年生対象必修科目、月2
      2. 2G105 データベースの活用情報ものづくりコース3年、金3
      3. 2A2411-3 環境教育概論 木2、金3
      4. 情報特講 教職大学院
      5. 環境教育情報特論特演
    18. 2009年後期の授業
      1. 2A307 情報機器の活用、1・2年生対象、木3コマ13:00-
      2. 2A901 情報社会の安全対策と倫理、1年生対象、火5コマ16:20-
    19. 2009年前期の授業
      1. 2A1211-4 情報機器操作「道具としてのコンピュータ」全1年生対象必修科目、月2
      2. 2G105 データベースの活用情報ものづくりコース3年、金3
      3. 教員免許状更新講習 8/7
    20. 2008年後期の授業
      1. 2A901 情報社会の安全対策と倫理、1年生対象、木2コマ10:30-
      2. 1M818 データベース演習、2〜3年生対象科目、金1コマ8:50-
      3. 2A307 情報機器の活用、1・2年生対象、月5コマ16:20-
      4. 環境教育情報メディア特論(生活系)
      5. 情報処理特別実験実習(生活系)
      6. 環境教育情報特論(環境専修)
      7. 環境教育情報特論・特別演習(教職大学院、通年)
    21. 2008年前期の授業
      1. 2A1211-4 情報機器操作「道具としてのコンピュータ」全1年生対象必修科目、月1、2、金1、2
        1. イントロ、情報機器とは、4/11、14
        2. ネットワーク基礎編、4/18、21
        3. メール編、5/16、19
        4. 安全対策とマナー、6/13、16
      2. 1M817 データベース、2〜3年生対象科目、金5コマ16:20-
      3. 全学大学院等初心者向け講習会、4/16、5コマ、7コマ
      4. 情報基礎特論(生活系)
      5. 情報特論(教職大学院)
      6. 環境教育情報特論・特別演習(教職大学院、通年)
    22. 2007年後期の授業
      1. 2A901 情報社会の安全対策と倫理、1年生対象、火4コマ14:40-
      2. 2A307 情報機器の活用、1・2年生対象、木1コマ8:50-
      3. 1N103 情報科学、2006.1.16-水2コマ1030-
    23. 2007年前期の授業
      1. 2A1211-4 情報機器操作「道具としてのコンピュータ」全1年生対象必修科目、月1、2、金1、2
        1. ネットワーク基礎編、4/16,20
        2. メール編、5/14,18
        3. 安全対策とマナー、6/11、15
      2. 全学大学院等初心者向け講習会、4/19、5コマ、7コマ
    24. 2006年後期の授業
      1. 1M818 データベース、2〜3年生対象科目、金3コマ1300
      2. 1A253、情報処理入門、2006.1102-木1
      3. 1N103 情報科学、2006.1.17-水2コマ1030-
    25. 2006年前期の授業
      1. 1A5501-4 情報機器操作「道具としてのコンピュータ」全1年生対象必修科目、月1、2、金1、2
        1. ネットワーク基礎編、4/17,21
        2. メール編、5/15,19
        3. 安全対策とマナー、6/12、16
      2. 大学院教育学研究科環境教育実践特別演習(安江、小金澤、鵜川)、木5コマ1620-
        1. センター端末を使用するには メールの設定 メールリストの作成 4/13
        2. インターネット・環境教育情報の検索とサーチエンジン  4/? 演習課題 5/?
        3. ホームページ作成 6/?
      3. 全学大学院等初心者向け講習会、4/14、5コマ、7コマ
      4. 1M817 データベース、2〜3年生対象科目、金3コマ1300
      5. 1L401 環境科学、1年生対象科目、水2コマ、2006.7.26
    26. 2005年後期の授業
      1. 1A253、情報処理入門、2005.1116-木1
      2. 1N103 情報科学、2005.11.30-水2コマ1030-
    27. 2005年前期の授業
      1. 全学大学院等初心者向け講習会、4/14、5コマ、7コマ
      2. 1A5501-4 情報機器操作「道具としてのコンピュータ」全1年生対象必修科目、月1、2、金1、2
        1. ネットワーク基礎編、4/15,18
        2. メール編、5/9,13
        3. 安全対策とマナー、6/6、10
      3. 大学院教育学研究科環境教育実践特別演習(安江、小金澤、鵜川)、木5コマ1620-
        1. センター端末を使用するには 4/14
        2. インターネット・環境教育情報の検索とサーチエンジン  5/12 演習課題 5/12
        3. ホームページ作成 6/2
      4. 1L401 環境科学、1年生対象科目、水2コマ、2005.7.27
    28. 2004年後期の授業
      1. 1M817 データベース、2〜3年生対象科目、木4コマ1440-、2004.10.07-
      2. 1N103 情報科学、2004.12.01-水2コマ1030-
    29. 2004年前期の授業
      1. 1A5501-4 情報機器操作「道具としてのコンピュータ」全1年生対象必修科目、月1、2、金1、2
        1. パスワードの重要性、4/12、16
        2. 電子メール、5/7、10
        3. Web、6/18、21
        4. 安全対策とマナー、7/2、5
        5. その他、資料のコピー
          1. 電源の起動〜、画面の名前等
          2. 事例紹介 7/23、7/26
      2. 1M817 データベース、2〜3年生対象科目、木4コマ1440-、2004.04.15-
      3. 1L401 環境科学、1年生対象科目、水2コマ、2004.7.20
      4. 全学大学院等初心者向け講習会、4/15、5コマ、7コマ
      5. 大学院教育学研究科環境教育実践特別演習(安江、小金澤、鵜川)、木5コマ1620-
        1. センター端末を使用するには 4/15
        2. インターネット・環境教育情報の検索とサーチエンジン  4/22
        3. 演習課題 6/17
        4. ホームページ作成 7/1
    30. 2003年後期の授業
      1. 1A253、情報処理入門、2003.1204-木1
      2. 1N103、情報科学、2003.1118-水2
    31. 2003年前期の授業
      1. 1L401、環境科学、1年生対象科目、2003.7.16
      2. 初心者向け講習会beginners_primer
      3. 1A5501-4、情報機器操作「道具としてのコンピュータ」1年生対象
        1. 電子メール
        2. Web
        3. 安全対策とマナー
        4. その他、他の先生方が作成された資料のコピー
          1. 電源の起動〜
          2. 画面の名前等
      4. 大学院教育学研究科環境教育情報特別演習 4/24、5/1、14、22、29ホームページ作成
      5. 大学院教育学研究科環境教育実践特別演習 4/18、25
      6. 平成15年度宮城教育大学公開講座、環境研9/13
    32. 2002年後期の授業
      1. 1M818データベース演習、2002.10.03-木3
      2. N102、情報科学、2002.1211-水2
      3. 1N103、情報科学、2002.1211-水2
    33. 2002年前期の授業
      1. 1M817データベース、2002.04.11-木3
      2. 1A5501-4、情報機器操作「道具としてのコンピュータ」1年生対象、2002.04-月1、月2、金1、金2
        1. コンピュータネットワーク1,2
        2. ネットワーク利用に関する注意、モラル
      3. 1L401、環境科学、1年生対象科目、2001.07.17
    34. 2002年後期の授業
      1. 1M818データベース演習
    35. 2001年後期の授業
      1. N102、情報科学、2000.1204-水2
      2. 1N103、情報科学、2000.1204-水2
      3. A213、情報処理入門、木1
      4. 大学院教育学研究科環境情報メディア特論a-木5
      5. 大学院教育学研究科環境情報メディア特論b-木6
      6. 大学院教育学研究科情報基礎特論b-木4
    36. 2001年前期の授業
      1. 1L401、環境科学、1年生対象科目、2001.05.30
      2. 1A5501-4、情報機器操作「道具としてのコンピュータ」1年生対象月1、月2、金1、金2、2001.04-07
        1. 演習(講義でないとき)
        2. 講義、ネットワーク2(2001.05.28の週)
        3. 講義、ネットワーク初心者への注意(2001.06.18の週)
      3. 大学院教育学研究科環境教育実践特別演習 2001.05.25,06.08,06.22 18:00-21:00,2001.07.26.19:30-22:30
    37. その他の一般的な注意、資料
      1. 教育用端末を使用するときの注意
        http://edb.miyakyo-u.ac.jp/ugawa/class/biginners_primer.html
      2. パスワードの必要性
        http://edb.miyakyo-u.ac.jp/ugawa/class/password_introduction.html
      3. こちらから情報を送るときの注意
        Netscapeで最初に出てくるWarning
        http://edb.miyakyo-u.ac.jp/ugawa/class/First_Security_Warning.html
    38. 過去の授業(同じ科目名の講義は、最新年度の内容がより充実しているハズなのでそちらを参照すべし)
      1. N102、情報科学、2000.1129-水2
      2. 情報処理入門(情報機器操作の資料を参考に)2000.10.5-木1
      3. A213、情報処理入門、19991103-1125
      4. N102、情報科学、19991117-0126
      5. L40501、情報科学基礎a、19990610-0722 (N102別専修向けと同じ)
      6. 1A5501-3、情報機器操作「道具としてのコンピュータ」月1、月2、金1、2000.4-
  2. 各授業に関する個別の注意は、各関連文書内に記載している。
  3. 質問は、授業時間内に行うことがのぞましい。しかしメールや研究室を訪ねて質問してもよい。但し、急用中や電話中、来客中は、後日にしてもらうことがある。
  4. 学生による逆評価は随時受け付けているので、評価、点数等の記入用紙を使い提出すること。
  5. 鵜川は生物情報学、生物・環境分野のデータベースの作成と提供が専門。
    1. 研究室内サーバにおけるホームページでは、現在、過去のプロジェクト、Webで見る出版物等を紹介している。
    2. 自己紹介のページも参照のこと。

--鵜川義弘
http://edb.miyakyo-u.ac.jp/ugawa/