宮城教育大学でのThunderbirdの設定方法

ここでは、宮城教育大学でのThunderbirdをつかう場合の設定方法を説明する。学内からの場合は学内向けSMTPの設定が必要なので別のマニュアルを参照すること。

署名にSignatureEditorを使う設定はこちら(学内のみアクセス可能)

起動から基本設定まで


ファインダーのサイドバーで「アプリケーション」を選びThunderbirdをダブルクリックして起動する。




他のメールソフトから設定を取り込む取り込まないので「次へ」に進む。



何らかの理由で「アカウントアシスタント」画面から外れた場合。
「アカウントアシスタント」を使わないで、キャンセルを押す。


アカウントアシスタントを終了する


メールクライアントとして使うので「はい」


以下の空の画面が開く


ツールメニュ−からアカウント設定を開く



以下のサイドバーの下、「アカウントを追加...」のボタンを押す



「メールアカウント」の設定をするので「次へ」に。


差出人情報の入力
すべて半角
名字部分を大文字、名前部分は最初の1文字を大文字
メールアドレスは、学籍番号@students.miyakyo-u.ac.jp



サーバ情報でまず、IMAPを選ぶ。
すると入力内容が変化する。


メール受信サーバに
imap.students.miyakyo-u.ac.jp
メール送信サーバに
smtpauth.miyakyo-u.ac.jp


smtp.miyakyo-u.ac.jp


ユーザIDの入力(あらかじめ学籍番号が入っているのでそのまま「次ぎへ」


アカウント名はそのままでOK


設定完了


学外からも利用できるsmtpauthを選択した場合、完了のボタンを押すと、設定が不完全なので時間切れの警告が出るので「OK」を押す。


ツールメニュ−からアカウント設定を開く


アカウント設定画面が開く


サイドパネルからサーバ設定を選び、SSLを選ぶ。


サイドパネルから編集とアドレス入力を選び、HTML形式でメッセージを編集するのチェックを外す(携帯電話などHTMLに対応していないメールソフトで見えるテキスト形式で送ることを基本とする)



SMTPサーバの設定
ツールメニュ−からアカウント設定を開く


サイドパネルから送信(SMTP)サーバを選び、編集のボタンを押す


TLSにチェックを入れてOKを押す。【注意】2009年2月1日から、以下のポート番号は、25ではなく、587になりました。




メールの受信
受信のボタンを押す


もし、学外からの場合で、SSLを選んでいると以下の警告がでるので、信頼するを選んでOKを選ぶ


パスワードを入力する


このとき、パスワードマネージャでこのパスワードを保存するにチェックを入れておくと、Thunderbirdがパスワードを覚えておいてくれる


覚えさせていますよの警告が出るので「OK」を押す



その他の設定
一般の設定


周りに迷惑をかけないよう音が出ないようにする



文字化けを最小限にする1
元文書に影響を受けず返信したときもJISに変換


文字化けを最小限にする2
送信テキスト形式を携帯でも読めるようプレーンテキストに変換して送信する


送信テキスト形式のボタンを押して出てくる画面で
プレーンテキストに変換して送信するを選ぶ


メールを送信する

送信サーバとして、smtpauth.miyakyo-u.ac.jpを選択している場合には、サイトの証明を受け入れるを選んでOKを押す。

送信するアカウントに対するパスワードを入力する