宮城教育大学学内でのThunderbirdの設定方法

ここでは、宮城教育大学学内でThunderbirdをつかう場合の設定方法を説明する。学外からの場合はSSL,TLSを使うSMTPの設定が必要なので別のマニュアルを参照すること。

署名にSignatureEditorを使う設定はこちら(学内のみアクセス可能)

起動から基本設定まで

  1. ファインダーのサイドバーで「アプリケーション」を選びThunderbirdをダブルクリックして起動する。


  2. 他のメールソフトから設定を取り込む取り込まないので「次へ」に進む。

    何らかの理由で「アカウントアシスタント」画面から外れた場合「アカウントアシスタント」に戻る方法を参照。
  3. 「メールアカウント」の設定をするので「次へ」に。

  4. 差出人情報の入力

    ここが一番重要。他の部分は間違ったらエラーになるのですぐわかるが、ここの入力ミスはすぐにはわからない。

    すべて半角文字で入力する。Windowsでは、半角と全角の区別がつきにくいので特に注意する。
    名字部分を大文字、名前部分は最初の1文字を大文字。例:MIYAGI Kyouko
    メールアドレスは、学籍番号@students.miyakyo-u.ac.jp (この部分を間違うとメールを送受信にエラーは無いが出したメールへの返事が届かなくなる)

  5. サーバ情報でまず、IMAPを選ぶ。
    重要:ここでPOPのままだと、Macにのみメールが取り込まれ、Windowsや学外でメールを見られなくなる。


    すると以下のように入力内容が変化する。

  6. メールサーバの名前を入力する

    メール受信サーバ:imap.students.miyakyo-u.ac.jp
    メール送信サーバ:smtp.miyakyo-u.ac.jp

  7. ユーザIDの入力(あらかじめ学籍番号が入っているのでそのまま「次ぎへ」
  8. アカウント名はそのままでOK
  9. 設定完了(とりあえずの設定完了であり、細かな調整が残っている)

アカウントの設定

  1. ツールメニュ−からアカウント設定を開く
  2. アカウント設定画面が開く

  3. サイドパネルから編集とアドレス入力を選び「HTML形式」でメッセージを編集するのチェックを外す
    携帯電話などHTMLに対応していない環境でも文句なく見える「テキスト形式」で送ることを基本とする。

メールの受信テスト

  1. 受信のボタンを押す
  2. パスワードを入力する
  3. このとき、パスワードマネージャでこのパスワードを保存するにチェックを入れておくと、Thunderbirdがパスワードを覚えておいてくれる
  4. 「覚えさせていますよ」の警告が出るので「OK」を押す


その他の設定

  1. 一般の設定

  2. 周りに迷惑をかけないよう音が出ないようにする
  3. 文字化けを最小限にする1
    元文書に影響を受けず返信したときもJISに変換
  4. 文字化けを最小限にする2
    送信テキスト形式を携帯でも読めるようプレーンテキストに変換して送信する
  5. 送信テキスト形式のボタンを押して出てくる画面で
    プレーンテキストに変換して送信するを選ぶ

メールの送信テスト

  1. メッセージメニューから新規メッセージを選ぶ

  2. メールを作成する
    ここでは自動で返事が返ってくる授業のページにメールを送ってみる。
  3. 受信の操作を行うと、自分宛のものの他に、受け取りメッセージが戻って来ていることがわかる。
    メールが戻ってこないときは、設定を見直してみる。特に「差出人情報の入力」部分。