Introduction

はじめに


デザイン的アプローチから、ユニバーシティアイデンティティの確率をめざすVI(Visual Identity)は、制作後の運用をどうしていくかが、成功のためのキーポイントになります。より効果的なより創造的なイメージ発信を維持していくためには、きめ細かなデザイン管理が必要です。宮城教育大学のVIシステムをまとめたこのマニュアルブックは、そのための標準的な指標となるものです。様々な告知、公報活動において確認していくことを徹底してください。VIの一層の浸透を図り、そのイメージ効果をパワーアップしていくために、このマニュアルブックが繰り返し使われることを期待します。

このマニュアルの使い方


このマニュアルは、ユニバーシティマークシンボルの使用方法を中心に規定されていますので、原則的には個々のデザイン物のデザイン指示は含みません。個別のものについてはこのマニュアルに従い、長期的にプランニングしていくことが必要です。

ユニバーシティマークシンボルを使用する場合、手書きや写植文字で作成したり、コピーしたものを使用したりしないでください。必ずオリジナルの清刷りとカラーチップを使用してください。また、ロゴタイプ(欧文・和文)は、ユニバーシティアイデンティティが効果的に視覚表現されるよう、厳密にスページング(間隔・比率)されたものです。